Claim Ownership

Author:

Subscribed: 0Played: 0
Share

Description

 Episodes
Reverse
Instagram集客術

Instagram集客術

2022-05-0410:23

今回はレスポンスラボの特別講義「Instagram集客術」から「Instagram集客術-ダイレクト出版元社員が開始2ヶ月で2112人集客した方法」をお伝えします。今回は広告以外の方法で集客で上手く行った方法を紹介します。2ヶ月目にして店舗に2112人集めたインスタ集客術とは、どんな方法なのでしょうか?本編はレスポンスラボにて公開しておりますが、一部をYoutubeにて公開します。PS...本日の動画は月額会員制サービス「レスポンス・ラボ」から一部を切り取って配信をしています。レスポンス・ラボは中小企業の倒産理由第1「販売不振」を解決するために作られた月額サービスです。- チラシを送っても、全然反応が取れない…- HPやLPを業者に作ってもらったけれど、一向に集客できない…- 毎日SNSやブログを投稿してるのに、新規のお客さんは一切増えない…これらは、小さな会社の社長・事業主が抱える、代表的な集客の悩みです。事実、中小企業庁の発表によると、**小さな会社の73.6%が「販売不振」で倒産しています**。つまり、「商品が売れない」「お客さんを集められない」という悩みは、小さな会社にとって最大の課題なのです。もし、あなたがこのような悩みを1つでも持っているなら、この「レスポンス・ラボ」で、その悩みを解決することができるでしょう。また、今回の特別講義シリーズのフルバージョンも会員限定で公開しています。詳細はこちらからどうぞ↓http://dpweb.jp/MM_YT_RLAB
今回はレスポンス・ラボの特別講義「コンテンツマーケティング」から「効果実証済:反応高いコンテンツ3つの種類」をお伝えします。過去1年間で需要が800%増えている意外なコンテンツがあるのですが、、、何でしょうか?
今回はリッチシェフレンのエキスパートシークレッツからコンテンツの一部「史上最も成功したセールスライターが教える「オファーに必要な4つの要素」」をお届けします。ダイレクトレスポンスマーケティングにおいて昔と変わらず強い要素は「リスト>オファー>コピー」です。ただ、最近のネット広告媒体...特にFacebook・Instagram広告などはAIによるターゲティングが極めて高精度なため、競合に対して「どのリストに配信するか?」という差別化は取りづらくなっています。そこで重要なのが「オファー」です。このオファーを他社と差別化することが出来れば、競合を一気に引き離すことも出来るでしょう。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「顧客視点マーケティング」から「理想の顧客がいる場所を特定する9つの質問」をお伝えします。この動画のワークをすれば、あなたの理想のお客さんが、どこにいるのか発見することができるでしょう。
売れる市場のBIG3

売れる市場のBIG3

2022-04-2012:27

今回はレスポンス・ラボの特別講義「顧客視点マーケティング」から「売れる市場のBIG3」をお伝えします。商品を販売する時「ココが良いです!」と伝えるだけでは売れません。大事なのはこの3つの市場にフィットするような形で商品を提供することです。商品の提供を、これまでの市場から、この市場に変えるだけで、売上・利益が大幅にアップする可能性があります。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「顧客視点マーケティング」から「理想の顧客を考えれば、売れるヒントが見つかる」をお伝えします。顧客視点が重要とは、何度も何度もお伝えしているので、知っている方は多いと思いますが、実際にどこまで顧客のことを知っているでしょうか?顧客を知るための重要な2つの質問があるので、ぜひ考えてみてください。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「A/Bテスト入門」から「事例で学ぶA/Bテスト,Google&Amazon編」をお伝えします。ABテストとは、今までのWEBページと、新しいWEBページをお客さんに同時に提供して、反応が良かったものを採用していくテストを指します。でも「ABテストが大事ってのは聞くけど、実際どんな感じなのかわからない..本当に重要なの?」という方も多いと思います。ということで、どんな感じなのか?どれくらいインパクトがあるのか?こちらからご視聴下さい。※最後に、マイクロソフトの事例も紹介します。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「言葉で売上を伸ばす3つの秘訣」から「期間を示せば欲しくなる:約束を強める2つの方法」をお伝えします。セールスレターで重要なのはお客さんに「何を約束するか?」ですが、その約束を強める方法を紹介します。是非参考にして下さい👍
今回はレスポンス・ラボの特別講義「言葉で売上を伸ばす3つの秘訣」から「読まずにはいられない!好奇心を生み出す方法」をお伝えします。広告宣伝では「ヘッドライン」や「HOOK」が最も重要と言われています。なぜなら、ココが悪かったら続きを一切読まれないからです。そしてヘッドラインやHOOKを読ませるコツが「好奇心を生み出すこと」なのですが、具体的にどうすれば好奇心を生み出すことができるのでしょうか?具体的な事例を何個も紹介していますので、ぜひご覧ください^^
今回はレスポンス・ラボの特別講義「広告の心理技術」から「証拠:消費者が進んでお金を払うときの必須要素」をお伝えします。「証拠」が重要なのはわかってるけど、ウチのビジネスには証拠なんてなくて.....という方でも使いやすいような証拠の事例も紹介するので、是非参考にしてみてください👍
今回はレスポンス・ラボの特別講義「広告の心理技術」から「売り込まずに売れる広告の作り方」をお伝えします。普通の広告は「売り込み」のイメージが強いので「見たくない」と思われます。ですが、この手法なら自然と読んでもらえて、欲しいと思われることができるでしょう。実際、弊社でやった事例も公開されていますので、是非参考にしてみてください👍
今回はレスポンス・ラボの特別講義「広告の心理技術」から「恐怖:ネガティブ情報を効果的に使う」をお伝えします。口臭対策で有名なリステリンはこの手法を使って売上1150万円から80億円に一気に伸ばしました。その事例も公開されていますので、是非参考にしてみてください。👍
今回はレスポンス・ラボの特別講義「広告の心理技術」から「人間の根本的欲求:LF8」をお伝えします。人間には逆らえない根源的な8つの欲求があります。この8つを利用して商品・サービスを売り込むことで、セールスの効率を何倍にもすることが出来ます。実際、動画で紹介する実験ではLF8に沿ったタイトルに変えただけで、本の販売数が5倍以上に伸びました。どのように人間の根源的欲求を活用するのか、きっと参考になると思います。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「コンテンツフレームワーク」から「基礎知識をまとめたコンテンツで、入門者を取り込む方法」をお伝えします。どの業界でも一番母数が多いのは「入門者」ですよね。そんな入門者の方々向けのコンテンツを作るコツをお伝えします。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「コンテンツフレームワーク」から「短時間で優れたアイデアを生み出すフレームワーク思考」をお伝えします。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「コンテンツフレームワーク」から「まずはここから始める!:誰でも簡単に、オリジナルなコンテンツが作れるアイデア」をお伝えします。Youtube,ブログ,Twitter,メルマガなどでコンテンツを作り続けるのは大変ですよね。今回は簡単にコンテンツを作れるアイディアと、簡単に注目を集めるハック「〇〇を借りる」を紹介します。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「脳科学マーケティング」から「人間の脳は〇〇が大好き」をお伝えします。太宰治の「人間失格」という古典文学があります。この本があるたった1つのことを変えただけで、1ヶ月で7万5千部を販売しました。一体何をしたのでしょうか?実はコレ、人間の脳が好きな〇〇に訴求したんですね・・。
今回はレスポンス・ラボの特別講義「脳科学マーケティング」から「セールスはどっちが有効?「%」と「実数」」をお伝えします。ポジティブな訴求をするときと、ネガティブな訴求をするときで使うべき表現の仕方が代わります。どちらをどんなときに使えばよいか、わかりますか?是非参考にして下さい👍
今回はレスポンス・ラボの特別講義「脳科学マーケティング」から「脳の仕組みを使って、「お買い得」に見せる」をお伝えします。僕たちもよく使っているのですが、非常に有効なので、是非使ってみて下さい👍
今回はレスポンス・ラボの特別講義「動画マーケティング」から「顧客の動画で信頼性を高める」をお伝えします。僕たちもよく使っているのですが、顧客の声を動画で使用するのは非常に効果的です。。実例も紹介するので、是非使ってみて下さい👍
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store