Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜
偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜
Claim Ownership

偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜

Author: 久恒啓一

Subscribed: 39Played: 8,098
Share

Description

2005年から本格的に始めた全国を巡る私の「人物記念館の旅」は800館を越えるところまでになってきました。

この「聖人巡礼」では、主に近代現代日本を創った偉人たちの崇高な人生を観察し、そこから絞り出された珠玉の名言を蒐集してきました。

「偉人の名言366 命日編」では、その日に亡くなった偉人の名言を音声で紹介し、私の感想などを簡単に記した文章も配信いたします。

偉人の名言は人生百年時代の人生観を磨き上げるためのソフトインフラです。

一日一言を深く味わうことによって、充実した日々と、その集積である素晴らしい生涯を実現される一助になれば幸いです。

【久恒啓一】

図解Web:http://www.hisatune.net/

プログ:http://k-hisatune.hatenablog.com/

Facebook:https://www.facebook.com/keiichi.hisatune

note:https://note.mu/hisatune

メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000272218.html



■Produced by KOELAB https://koelab.co.jp/
606 Episodes
Reverse
継続は力なり。継続は勢力なり久留島 武彦(くるしま たけひこ、1874年6月19日 - 1960年6月27日)は、大分県玖珠郡森町(現・玖珠町)出身の児童文学者。「こども」というテーマを長い年月追いかけた結果、そのテーマは童話、教育、ボーイスカウトへと広がっていった。そして一つの勢力を築きあげるまでになった。継続は勢力なりだ。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
社会意識や政治意識が目に立たなくとも、地味で手堅い『自然観照と身辺詠』の中にも、時代の影はおのづから映るのである柴生田 稔(しぼうた みのる、1904年6月26日 - 1991年8月20日)は、日本の歌人、国文学者。冒頭の「自然観照と身辺詠」という言葉は、「吾々に今一番大事な問題は一草一花の中に造化の神秘などを感ずる事ではなく、吾々の今生きて居る四周、社会、政治の中にあり、作者自身とそれらのからみ合ひの場合にあるのだ」といった内部からアララギを批判した近藤芳美の批判にたいする反論である。政治、社会などをそのまま詠むのではなく、時代を生きている自分の身の回りの題材を大事にすることが結果的に時代を詠むことになるという論法である。「何をするかわからぬ男に任せゐる一国のことも職場のことも」(『星夜』)という歌の対象は誰だったか。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
友に求めて足らざれば天下に求む。天下に求めて足らざれば古人に求めよ山田 方谷(やまだ ほうこく、文化2年2月21日(1805年3月21日) - 明治10年(1877年)6月26日)は、幕末期の儒家・陽明学者。名は球、通称は安五郎。方谷は号。備中聖人と称された。学ぶべき師や切磋琢磨する友は、身の回り、次に現在世界、そして歴史の偉人と広げていこう。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春なわすれそ菅原道真(すがわら の みちざね 、承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。菅原道真の上昇と下降の波乱の人生は人々の同情をかった。同情を集める吸引力は「歌」であった。この31文字の歌という器にはあらゆる情念を込めることができる。歌は短いからこそ人々の心の奥に手裏剣のように刺さるのだ。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
人は一代、名は末代。天晴武士の心かな加藤 清正(かとう きよまさ 永禄5年6月24日(1562年7月25日)-慶長16年6月24日(1611年8月2日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。肥後熊本藩初代藩主。人の体は一代で滅びる。しかしその人が行った業績は永遠に残る。今の一瞬ではなく、未来に名前を残せ。永遠に生きよ。それが優れた武士の心構えだ。この武士を志ある人と理解しよう。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
★音声講座 受付中★「顔というものは変わりますよ。だいたい若いうちからいい顔というものはない。男の顔をいい顔に変えていくことが、男をみがくことなんだよ」『ビジネスに活かす偉人』第24回は、時代小説・歴史小説作家の池波正太郎です。ビジネスパーソンにとってとても勉強になる講座です。詳細は下記のページを御覧ください。https://meigen.koelab.net/本編でお会いできるのを楽しみにしています。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
生まれし時に この道 知らずとも この道を歩み 幾年月ぞ 今日涙して 明日又 笑おうぞ美空 ひばり(みそら ひばり、1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)は、日本の歌手、女優。横浜市磯子区滝頭出身。横浜市立滝頭小学校、精華学園高等部卒業。この言葉には、歌一筋に生きた人の、人生への対処の知恵が込められている。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
聴くことを多くし、語ることを少なくし、行うことに力を注ぐべし成瀬 仁蔵(なるせ じんぞう、1858年8月2日(安政5年6月23日) - 1919年(大正8年)3月4日)は、明治から大正のキリスト教牧師(プロテスタント)であり、日本における女子高等教育の開拓者の1人であり、日本女子大学(日本女子大学校)の創設者として知られる。行うことは少なく、語ること多く、聴くことはしない。そういう人にはなりたくないものだ。大学の創設者・成瀬仁蔵のこの言葉を肝に命じたい。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
人と同じような生活や心を求めて、人々と違うことを成し遂げられるわけはない。これでいいのだ荻野 吟子(おぎの ぎんこ(本名:荻野ぎん)、1851年4月4日(嘉永4年3月3日) - 1913年(大正2年)6月23日)は、近代日本における最初の女性の医師である。日本初の女医として有名な人である。この人の人生はまことに凄まじい。埼玉県熊谷市俵瀬の荻野吟子記念館でじっくりと人生を眺めると、苦労の連続の激しい一生に頭がさがる。人と違うことを成そうとするからには、人と同じ安穏な生活を望んではならない。これでいいのだときっぱりと言う荻野吟子は志の女性だ。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
人間が幸せか不幸せかは、人生に起きる出来事をその人がどうとらえるかであり、起きた出来事自体はそれほど関係はないカール・ヴィルヘルム・フォン・フンボルト(Friedrich Wilhelm Christian Karl Ferdinand Freiherr von Humboldt、1767年6月22日 - 1835年4月8日)は、ドイツの言語学者・政治家・貴族。フンボルト大学(第二次大戦後にベルリン大学を改称)の創設者。同じ出来事でも後ろ向きにとらえるか、前に向きにとらえるかで、その意味は全く違ってくる。そのとらえ方は、やはり性格によるのではないか。出来事は中立だ。悲観的な人は常に悲観し、楽観的な人は常に楽観する。様々な公職を経験したフンボルトは、新しい仕事とその課題を面白がって解こうとしたように感じる。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
loading
Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store