Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜
偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜
Claim Ownership

偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜

Author: 久恒啓一

Subscribed: 40Played: 8,138
Share

Description

2005年から本格的に始めた全国を巡る私の「人物記念館の旅」は800館を越えるところまでになってきました。

この「聖人巡礼」では、主に近代現代日本を創った偉人たちの崇高な人生を観察し、そこから絞り出された珠玉の名言を蒐集してきました。

「偉人の名言366 命日編」では、その日に亡くなった偉人の名言を音声で紹介し、私の感想などを簡単に記した文章も配信いたします。

偉人の名言は人生百年時代の人生観を磨き上げるためのソフトインフラです。

一日一言を深く味わうことによって、充実した日々と、その集積である素晴らしい生涯を実現される一助になれば幸いです。

【久恒啓一】

図解Web:http://www.hisatune.net/

プログ:http://k-hisatune.hatenablog.com/

Facebook:https://www.facebook.com/keiichi.hisatune

note:https://note.mu/hisatune

メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000272218.html



■Produced by KOELAB https://koelab.co.jp/
628 Episodes
Reverse
道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方へゆけば、必ずそこに見るべく、聞くべき、感ずべき獲物がある国木田 独歩(くにきだ どっぽ、明治4年7月15日(1871年8月30日) - 明治41年(1908年)6月23日)は、日本の小説家、詩人、ジャーナリスト、編集者。このの言葉には、その前に「武蔵野を散歩する人は」という言葉がある。自然豊かな武蔵野では足の向くまま歩き道に迷っても、かならず意味のある場所にでる。独歩は小学校の教師、徳富蘇峰の『国民新聞』の記者、文筆家、編集者と短い人生の中で足のむくまま仕事を変え、そこで実りを得ている。その人生の歩みを武蔵野の散歩に例えたのであろう。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
☆書籍新発売 のお知らせ☆『平成時代の366名言集―歴史に残したい人生が豊かになる一日一言』大好評の書籍「偉人の名言」シリーズに新刊が発売となりました。命日編、誕生日編、に続き、平成時代編として、平成時代の30年間に亡くなった方を取り上げて、ためになる名言を久恒先生の解説と一緒にご紹介いたします。667ページの充実した内容になっておりますので、ぜひご購読ください!平成時代の366名言集―歴史に残したい人生が豊かになる一日一言https://amzn.to/2xE0Nhs 【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
★音声講座 受付中★「終始一貫」『ビジネスに活かす偉人』第27回は、医学者・細菌学者の北里柴三郎です。ビジネスパーソンにとってとても勉強になる講座です。詳細は下記のページを御覧ください。https://meigen.koelab.net/本編でお会いできるのを楽しみにしています。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
返す返すも六かしき字を弄ぶ勿れ緒方 洪庵(おがた こうあん、文化7年7月14日(1810年8月13日) - 文久3年6月10日(1863年7月25日))は江戸時代後期の武士(足守藩士)、医師、蘭学者である。大坂に適塾を開き、人材を育てた。天然痘治療に貢献し、日本の近代医学の祖といわれる。洪庵は塾生たちに「返す返すも六かしき字を弄ぶ勿れ」と戒めた。福沢は「深く之を心に銘じて爾来曾て忘れたることなし」と書いている。『学問のすすめ』『福翁自伝』など福澤の著書が読みやすいのは師の緖方洪庵の指導の賜物だったのだ。難しい言葉や言い回しの多用をレベルの高さと勘違いしてはいけない。どのような職業においても、難しいことをやさしく説明することを心掛けたいものである。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰も打てない。出ない杭、出ようとしない杭は、居心地はよいが、そのうちに腐る堀場 雅夫(ほりば まさお、1924年(大正13年)12月1日 - 2015年(平成27年)7月14日)は日本の実業家、株式会社堀場製作所創業者、及び同社最高顧問。著書でも多くのビジネスマンに影響を与えた堀場には、仕事に関する名言が多い。その中でも冒頭の言葉は好きだ。打たれつづけている杭は、いずれ出すぎた杭になっていく。君はどの杭になろうとするか。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
われは丹精によって男子たらん青木 繁(あおき しげる、1882年(明治15年)7月13日 - 1911年(明治44年)3月25日)は日本の洋画家。『海の幸』という神業のような作品を思い出すと、心をこめて丁寧にという意味の青木繁の「丹精」という言葉に納得する。日々の毎日、そしてその集積である人生という作品も丹精という言葉をかみしめてつくりあげたいものである【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
人口の量と質が決まれば、それを使ってどのような経済を営めるかを考えることができる。重要なのは経済学ではなく、教育学である森嶋 通夫(もりしま みちお、1923年7月18日 - 2004年7月13日)は経済学者。大阪府生まれ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)名誉教授・元LSE Sir John Hicks Professor。大阪大学名誉教授。 イギリス学士院会員。組織や集団を構成する人間の「量と質」が決まれば、どのような経済を営むかという経営戦略が決まる。重要なのは人間をつくる教育である。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
We won.西 竹一(にし たけいち、1902年7月12日 - 1945年3月22日)は、日本の陸軍軍人、華族(男爵)。最終階級は陸軍大佐。愛称・通称はバロン西(バロン・ニシ、Baron Nishi)。1932年 ロサンゼルスオリンピック馬術障害飛越競技の金メダリスト。私(I)が勝ったのではではなく、私とウラヌスの我々(We)が勝ったと優勝インタビューで答えた。最高の舞台に立ったときの西竹一の言葉が、西伝説を生んだのだ。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
成長はまたつねに苦痛をともなう鈴木 大拙(すずき だいせつ、本名:貞太郎(ていたろう)、1870年11月11日(明治3年10月18日) - 1966年(昭和41年)7月12日)は、禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者(文学博士)である。苦痛とは天の意志である。苦しめば苦しむほど人格は深くなり、その深まりとともにより深く人生の秘密を読み取るようになる。苦しみと悲しみが深くなければ真実の人生を味わうことはできない。苦痛とは成長のことである。【お知らせ】この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。『久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ■Produced by KOELAB
頭に毛があろうと無かろうと肝心なのは頭の中身なんだユル・ブリンナー(Yul Brynner, 1920年7月11日 - 1985年10月10日)はロシアのウラジオストク出身の俳優である。高校時代、校内新聞に「髪を伸ばすより頭を伸ばせ」という言葉が載ったことを思い出した。私の通った高校はぼうず頭が普通だった当時としては珍しく長髪をゆるす自由な校風だった。ぼうずか長髪かという議論があったが、ある女高生がこの言葉を載せて、感心したことがある。外見ではない、頭の中身が肝心だというこの言葉が、あの見事なはげ頭のユル・ブリンナーからでると、ユーモラスで思わず笑みがこぼれる。【お知らせ】ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!https://meigen.koelab.net/【久恒啓一】図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ
loading
Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store