Discover働き方の達人
働き方の達人

働き方の達人

Author: Motify

Subscribed: 12Played: 232
Share

Description

みなさんこんにちは、「働き方の達人」へようこそ!

仕事は私たちのアイデンティティーの中でも大部分を占めています。
仕事をするのならば、みんなが"楽しみながら、心から元気に、充実して仕事に取り組む"方が/ ずっと楽しいと私たちは思うのです。

しかしそうは言っても、"言うは易く・行うは難し"で、実際に自分や他者のために実現させるには理想と現実とのギャップがあります。そこで、このポッドキャストとMotifyでは、素晴らしいチームワークのもとで互いに刺激し合い、生産的にも意義のある働き方をすることを目標としています。
16 Episodes
Reverse
「働きかたの達人」エピソード12:「ライフスタイルにあった働き方を実現」
今回のゲストはイマクリエの代表取締役鈴木さんです。10年前からテレワーク中心のビジネスを始め、1万人を超えるテレワーカーのコミュニティを管理して、会社とテレワーカを繋げるサービスを運用しています。働き方から日本の社会問題まで広がり、今の時代のみんなにとって興味深い話だと思います。http://imacrea.co.jp/個人的な夢を持っているが時間と場所が限られたり、子供がいるなど、普通の会社の勤務時間をコミットメントできないけれど、才能がある方は沢山います。それで鈴木さんは大きいビジョンをもって日本のテレワークを広めています。一つのポイントは、性善説で、人を信じて約束してもらうことで、ゴールを達成するするために一緒に頑張ります。テレワークはみんなのためのものではありません。友達や同僚などが周りにおらず、寂しくなることがあります。チャットがメインなのでコミュニケーションや人間関係が難しいところもあります。自立とプロ意識を持ってテレワークしないとうまくいかないんです。それについての解決法はシンプルなことだけど、とても重要です。始まる時と終わる時にみんながちゃんと挨拶することなんです。最後にみんなが自分のバイヤスを確認して、テレワーカーが入れるように環境を準備して欲しいんです。モティファイも沢山のテレワーカーと作り上げた会社なので、その仕組みにチャレンジしたい人を応援します。楽しんで聞いてください。
「働きかたの達人」エピソード 7 ・   【MIRAI FORUM Vol. 6】2050年から眺める、未来創造ビジネス
突然ですが皆さん、今から30年先の”2050年”って、どんな社会になっているでしょうか?ロボットは当たり前に街を歩いていて、人々の中には地球を出て火星や他の惑星で暮らす人が増え、国境はなくなり、地球の裏側まで数十分で移動ができて、携帯電話もなくなり・・・そんな2050年の地球社会を考えたとき、どんなサービスや商品が求められるでしょう?そもそも、どうしてこれを問う必要があるのでしょう?それは、いま世界中で急成長を遂げる「飛躍型企業」の特徴を見るとわかります。彼らの事業は、共通して「未来創造」です。TESLA, Space X, Google X, 孫泰造氏のMISTLETOE・・・彼らは共通して、最も大胆な変革目標を掲げています。世界や人類の一番大きな問題の解決を試みます。改善思考を基にした「商品重視」のビジネスでなく、デザイン思考を使った「ユーザー重視」のビジネスを行なっています。日系企業でも、「未来創造」を志す会社があります。ソフトバンクです。孫正義氏の去年の株主総会の話は、恐らく日系企業で初めて、飛躍型企業が生まれたと思わせるものでした。(動画:https://www.youtube.com/watch?v=0Wvbi4UvuT0)いま、私たちの誰もが考えるべきことは、これからの社会で「生き残る」ビジネスでも、変化に「対応する」ビジネスでもなく、世界が変わるより先に「未来を創る」ビジネスです。
loading
Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store