DiscoverTEDTalks ニュースと政治
TEDTalks ニュースと政治
Claim Ownership

TEDTalks ニュースと政治

Author: TED

Subscribed: 440Played: 2,015
Share

Description

ニュースの見出しの向こう側を覗いてみましょう。TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、政治家、ジャーナリスト、研究者たちが鋭い洞察を伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
177 Episodes
Reverse
アメリカにおいて黒人が食事し、歩き、何であれ「黒人として生きる」行為を犯罪視した白人が警察に通報するという現象を、バラトゥンデ・サーストンが追求します。時に笑いを誘いつつ考えさせる奥深い講演を通じ、彼は心に傷を残すような話を癒される話に変える言葉の力を示し、私たちみんなにレベルアップすることを求めます。Translated by Yasushi AokiReviewed by Claire Ghyselen
なぜ私達は時に手遅れになるまで、金融危機や気候変動のような大問題から目を背けるのでしょう? 政策ストラテジストのミシェル・ウッカーは、稀で予測できず避けがたい惨事を指す「ブラックスワン」という俗説を、私達が敢えて無視している回避可能な危険である「灰色のサイ」という現実に置き換えるよう訴えます。そして私達が予測可能な危機に驚かされる理由を説明し、あなたの人生の中で今まさに突進してくるサイがいるかもしれない兆候を示します。Translated by Yasushi AokiReviewed by Mariko Oyabu
ジャーナリストのキャロル・キャドウォラダーが、最も不審な近年のニュースを掘り下げた見逃せないトークです。2016年、イギリスでの国民投票で僅差の末に欧州連合(EU)を離脱することが決定されました。このニュースを辿った末に浮かび上がったのは、誤解を招くようなFacebookの広告が、無防備なブレグジットの浮動層をターゲットに大量投下されていたという事実です。2016年のアメリカ大統領選にも、同じ黒幕と同じ戦術の関わりが見られます。キャドウォラダーは、これは歴史的な過ちだとして、名指しで「シリコン・バレーの神々」に問いかけます。自由かつ公正な選挙はもはや過去のものなのでしょうか?Translated by Moe ShojiReviewed by Natsuhiko Mizutani
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によると、気候変動や経済危機、政治的な不安定により、毎分20人が住む所を失っています。そうした人が新しい人生を始める際に立ちはだかる壁を乗り越えようとするとき、どうすれば力になれるでしょうか。TEDレジデントのムハンマド・イドリスは、技術者や研究者、難民の仲間を率いて、史上初のAIを使った仮想難民支援者である「アタール」を開発しています。アタールは、人権と尊厳を取り戻すことを助けつつ、住む所を失った人々を再定住に至るまで導いてくれます。「正しいリソースと情報に手が届くか否かが生死を分けることになり得る」とイドリスは語ります。Translated by Masayuki HondaReviewed by Riuška Poništova
セザー・ヒダルゴが、今の壊れた政治システムを正すためのラディカルな提案をします――システムを自動化するというのです。この刺激的なトークで彼が紹介する大胆な構想は、政治家を介さずに、個々の市民に合わせて作られたAIの代表者を民主主義的決定に直接参加させるというものです。集団的意思決定の新たな方法について考え、民主主義の理解を深めてください。Translated by Yuko YoshidaReviewed by Natsuhiko Mizutani
アメリカの選挙システムは控えめに言っても複雑ですが、投票は私たち一人一人が地域のコミュニティ形成に携わるための最も身近な手段の一つ。どうしたらこのシステムをもっと現代的で誰にでも使いやすく安全なものにできるのでしょうか? アメリカの投票システムを21世紀型にアップデートし、全ての有権者に投票してもらうために必要なこととは何か、市民社会参画を推進するティアナ・エップス=ジョンソンが説明します。Translated by Eriko TsukamotoReviewed by Noriko Yasumoto
民主主義が壊れているとお考えのあなた、こんなアイデアはどうでしょうか:「無作為に選ばれた人たちが政治家に代わって政治を行う」作家であり活動家でもあるブレット・へニッヒが「抽選制による民主主義(政治家の無作為抽出)」を提唱し、力強く主張します。これは古代アテネ発祥で、民衆の知恵を活用し、公共の利益のためのバランスの取れた決定を一般人に委ねる制度です。突飛なアイデアでしょうか? 党利党略政治のない世界を作るため、この制度をどのように活用できるか学びましょう。Translated by Ryoko SutoReviewed by Hiroshi Uchiyama
マイケル・レインは、移民第一世代—育った国と生まれた国の両方と強い繋がりを持っている人たち—の話を伝える任務に就いています。このトークでは、移民に対する誤解や移民の限られた体験談を解き、彼らが属する世界の物語を共有します。「私たちは生きた文化のるつぼだ。」とレインが語ります。「もしそのつぼの中の物が、新しい、または違う匂いがしても、そっぽを向かないでください。一緒に食べよう、と言ってください。」Translated by Yumika AmemiyaReviewed by Masaki Yanagishita
誰かがそう信じさせようとしているように、2017年は本当に「最悪の年」だったのでしょうか? 心理学者のスティーブン・ピンカーは、殺人、戦争、貧困、汚染その他に関する最近の統計データを分析することで、今の世の中は30年前に比べ、そのいずれにおいても改善していることを見出しました。しかし、進歩というのは必然的に起きるものではなく、また常にすべてがあらゆる人にとって良くなるわけではないと彼は言います。進歩とは問題解決であり、気候変動や核戦争といったものは待ち受けている終焉としてではなく、解決すべき問題と捉えるべきなのだと。「完全な世界というものは存在しないし、そんなものを求めることは危険でさえある。しかし人類の繁栄のために知識を応用し続ければ、我々に実現できる改善に限りはない」と彼は述べています。Translated by Tomoyuki SuzukiReviewed by Yasushi Aoki
世界中の女性たちが経験してきたことは、もはや無視できない状態まで達している、と役者であり活動家のトレイシー・エリス・ロスは言います。この率直で堂々としたトークで、彼女はより良い未来を構築しよう、と男性と女性の両方に呼びかけます。Translated by Moe ShojiReviewed by Misato Noto
loading
Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store