Claim Ownership

Author:

Subscribed: 0Played: 0
Share

Description

 Episodes
Reverse
意思決定は非常に難しく、時に苦しい選択に迫られることや、時には間違えた選択をしてしまうことも。そんな中で、良い意思決定とは何か、そしてそのために、普段からどうすれば良いかを話しました。
Re10 収録後のアフターショーです。7月初 にあった KDDI 障害に関してなど、ざっくばらんに色々なお話を。 【Topics】KDDI障害、有事の際に責任者に求められること、SNSリテラシ、他
あなたの開発チームは「良いチーム」ですか?感覚的なものはあっても、中々それを定量的に語るのは難しいと思います。そんなチーム状況の見える化に有用なアイデアとして、DevOps指標、Four Keys について、実体験も交えながら考えてみました。
Re8 収録後のアフターショーです。ざっくばらんに色々なお話を。 【Topics】出社時のランチ問題、リアル出社を活用したイベント、ストレス解消としての散歩、散策の面白さ、身近なものに改めて目を向けることの面白さ、他
目標設定はお好きですか?陰鬱なイメージをお持ちの方もいるかもしれません。 目標設定の本来の意義から、目標の立て方、現状の問題点などを話しました。 目標設定がちょっと楽しみになるヒントになったりしたら幸いです。
Re6 収録後のアフターショーです。ざっくばらんに色々なお話を。 【Topics】キャリア論、偶発性の種まき、50年後の仕事観、合理的な選択だけではつまらない、EMFMのターゲッティング戦略、言語化することの必要性、Whyから始めよ、Think fast & slow、フレームワークの意義、ビジョンの意義、伝わるビジョン/伝わならないビジョン、MBO(目標管理)、OKR(目標成果指標)、コミュニケーションは意外と伝わっていない、など
キャリア論や、実体験も交えながら、EM/エンジニアのキャリアについて話しました。 キャリアに悩むエンジニア/EMの方に、何かヒントになれば幸いです。
Re4 収録後のアフターショーです。ざっくばらんに色々なお話を。 【Topics】Re.4 収録を振り返って、知らないことを知ること、やってみることの大切さ、日本は中国の一部?、チキンキエフは改名する?、海上輸送の未来予想、半導体不足で車も買えない、サプライチェーンの機械化、高くても買われる価値づくり、価値観の過渡期、独り言じゃなくて AirPods、孫のお絵かきNFT、お金の概念も変わっていく?、お金を払うハードルも変わる、など
今回は、ファインディCTOのさとうさんの実例を交えて「エンジニアリングマネージャはいつまでコードを書くのか、書くべきなのか」について話しました。
Re1, Re2 収録後のアフターショーです。ざっくばらんに色々なお話を。 【Topics】さとうさん紹介、リブートでの新方式、ゆのんさん近況・ビジネススクールでの日々、さとうさん・ひろきさんの大学時代を振り返って、コロナ禍での大学の変化、大学での学び、アウトプットの重要性、ネットワーキング、など
今回のテーマは「エンジニアの生産性の測り方」です。 前回に引き続き、エンジニアの生産性について、今回は具体的な計測方法を掘り下げて考えていきます。 【Topics】 ストーリーポイント、ベロシティ、ファンクションポイント、加重スコアリング、バリューポイント、RICEスコアリング
Engineering ManagerによるEngineering ManagerのためのPodcast が再始動! メインパーソナリティには、お馴染みの ひろき(@hiroki_daichi)、ゆのん(@yunon_phys) に加え、Findy CTO の さとう(@ma3tk) を迎え、更にパワーアップした内容でお送りします。 再開初回の今回のテーマは「エンジニアの生産性」です。 誤解されがちな「生産性」という言葉について、そしてエンジニアリングマネージャが意識しないといけないあれこれについて掘り下げて考えていきます。
DMMで松本さんがやっていること、VR空間とヴァーチャルワーク、マイクロエクスプレッション、酸素量の計測、エンジニアのキャリア、松本さんが取るべき手を合理的に決められている理由、ボラの大きさと死なないことが大事、PUBGの戦略との共通点、松本さんの奥さんとの壁打ち、Engineering Managementには周辺知識が大事、ファインス思考・PL脳、新技術との向き合い方、課題解決力、技術力という言葉の意味、デリカシーを持つことが多様性に大事、愛着・愛、などについて語ります。 【企業スポンサー】 人事評価クラウド「HRBrain」は、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てをクラウド型のソフトウェアで効率化し、組織の生産性を高めるサービスです。  GoogleやFacebookなどの成長企業で多く実施されるOKRや1on1などのマネジメント手法を、カンタン・シンプルな操作で実現することができます。  実際にHRBrainの開発を行っている株式会社HRBrainでも、自社のサービスを活用してエンジニアの目標や評価の管理を行っており、オープンで納得度の高い人事制度の構築に貢献しています。 https://www.hrbrain.jp/
寄生獣の後藤と心理的安全性、チームが壊れるのは簡単、集団心理の怖さ、FGOのセイラム魔女裁判、組織で一体感を持つことが稀有、単細胞生物と多細胞生物、後藤は良いマネージャー、ところてんさんの暗黙知シェアサービスVein、コモデティ化されていないものをコモデティ化していくのが組織運営をするのに重要、ベンダーコントロールの意味、ツールの選定は難しい、ツールの選定のやり方、GDPRなどについて語ります。
高山さんの組織づくりの発信の理由、エンジニアリングマネージャーの風向き、EMは1万人いる?、本質的な課題解決とは何かを見極めて実装に落とし込んでいくのは面白い役割、EMは複利できいていくことをやるのが仕事、コンセプチュアルなことに向き合うのも不確実性に向き合うこと、自虐的に飛び込んでいく、生命は動的平衡にある流れ、エンジニアリング組織論では散逸構造論といった、マルチエージェントと複雑系、群衆の英知と狂気、アジャイルマニフェスト、ロックフリーアルゴリズムと組織設計、Deploys/Day/Developersという指標、システム思考、言語化する能力とは、図で描く、エンジニアのためのデザイン思考入門、などについて語ります。 【企業スポンサー】 キイトクはエンジニアのためのキャリア相談サービスです。 アカツキ、DeNA、Gunosyなどの人気企業で活躍する、現役エンジニアリング・マネージャーやVPoEと、40分間無料で1on1キャリア相談ができます。 相談は転職前提でなくてもオーケー。 「今後のキャリアパスがイメージできない」 「マネージャーになり開発の現場から遠ざかってしまうのが不安」 といったエンジニアならではの悩みに、100%あなたの立場に立って相談に乗ります。 https://alpha.kiitok.com/
アジャイル界隈におけるマネージャー像、アジャイルマニフェスト、トレードオフ、アジャイルな状況を目指せるための活動とは、アジャイルは価値観と原則の集合、Lock-freeアルゴリズム/Wait-freeアルゴリズム、2025年からの技術的負債の経済損失、RSGTの発表の変化、社会的な影響、水道局のサービスの不思議、などについて語ります。 ※ 本エピソードは、omoiyari.fm(https://lean-agile.fm/)コラボ回です。 コラボエピソード: #43「元気がないならヘリウムガスを使えばいいじゃない」https://lean-agile.fm/episode/43
CTOとVPoEの役割、マイクロサービス導入の経緯、マイクロサービスをいつ頃導入するのが良いのか、マイクロサービスをどうやって導入していったか、マイクロサービスを導入することで変化した組織設計、新卒採用とダイバーシティ、VPoEとしてのダイバーシティへのコミットメント、異文化を知るためにやっていること・気をつけていること、EM of EMsを作った経緯、メルカリの目指す開発組織、カオスエンジニアリング、メンバー同士のOKRをどう立てているのか、エンジニアの事業タイプと技術タイプのチームの割り振り方、エンジニアでない人とのコミュニケーションの気をつけ方、などについて語ります。  ※ 本エピソードは2019.02.05に行われたEMFM Meetup #1 (https://emfm.connpass.com/event/112254/)公開収録回です。
免許証の最後の1桁とは、マネージャーがAIになる時代、GAFAの書類選考とAI、AIの使い方・社会適応のやり方、イミテーション・ゲーム、仏教と愛、アニーリング法とエンジニアのキャリアパス、開発プロセスと組織構造、二足歩行ロボットの難しさ、EMと成長、について語ります。
エンジニア35歳定年説、竹迫さんのキャリア形成のやり方、アウトプットとは、スペシャリストとプロフェッショナリストの違いとは、ニュートンの万有引力の法則、新しいパラダイムが出たときの対処方法、理論を作る人と言語化する人は同じ人であるべきか、メタ認知とニューラルネットワーク、ハードウェアとソフトウェア、クラウド型言語がやってくる?、これから生き残れるエンジニア、について語ります。
Shibuya.pm、リリースマネージャーとしての活動、セキュリティ・キャンプの卒業生はどこに行くのか、Engineering Manager 10人登用、人事制度とプログラムの関係、評価制度の正しい使い方とは、これからあるべきマネージメント組織とは、ゲームで学ぶマネージメント、などについて語ります。
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store