Discover藤原新也「新東京漂流」
藤原新也「新東京漂流」

藤原新也「新東京漂流」

Author: SPINEAR

Subscribed: 68Played: 1,131
Share

Description

「今、私たちは何処にいるのか?」
写真家・藤原新也が、時に話題の人物にインタビュー、
時に路上から、時に旅に出て、時代の「今」を切り取るノンフィクション番組。
59 Episodes
Reverse
10代の頃、門司港の映画館で観た映画『黒いオルフェ』の衝撃。ルイス・ボンファ「カーニバルの朝」の陶酔。コルコバードの丘への憧憬。
新宿の夜に映画『ノマドランド』を観た藤原新也は、故郷である門司港の少年時代、映画の時代をふり返る。美空ひばり、石原裕次郎の物語。
新宿の夜、映画館で『ノマドランド』を観た藤原新也は自らのアメリカの旅のワンシーンを鮮烈に思い出す。『ノマドランド』のリアルな描写、本物の言葉。
モーターホームに暮らす人々を描いた映画『ノマドランド』がヒットしているが、藤原新也はかつてモーターホームでアメリカをおよそ1年かけて旅していった。
NY在住の文筆家、佐久間裕美子さん/トランプによって広げられたアジア系アメリカ人への差別と暴力/BLMのこれから/虐待や差別の連鎖を断ち切るには
NY在住の文筆家、佐久間裕美子さん/国とは市民のためにある。政府は市民のために働かなければいけない/コロナ渦のニューヨークで。
トランプとSNSと「市民革命」/移民、人種、貧富、差別社会/me too、Black Lives Matter/日本人の闇
リアルな旅と、バーチャルな旅との間に横たわる、長く大きな河。旅とは匂い、音、光と影、人との接触である。
スウェーデンとは/森と自然を愛する人々が暮らすデジタル先進国/「すべての人に同じ価値がある」/ゼロ・トレランスと多様性ある社会
新型コロナウィルスとスウェーデン/マスクをしない理由/教育を受ける権利。子供の権利と自由を守り尊ぶ国で。
パンデミックの世界で、独自の対応を続け世界を驚かせたスウェーデン。そこには市民と政府の「信頼関係」、市民個々のファクトチェックがあった。スウェーデン在住、久山葉子さん。
「東京で世界を見る/COVID-19と台湾の今から、日本の現在地を考える/イナゴの群れにウィルスを考える」
英国ロンドン在住の森園ユウさん。3度目のロックダウンで苦しく厳しい暮らしを迫られている中、力をもらえる「光」とは。
イギリス、ロンドン在住の森園ユウさん。「3度のロックダウン、政府とメディア、医療従事者たちへの拍手と喝采」
ニュースは時に事実を正確に伝えない。2つのマスク事件で考えるメディアの現在地。
2021年が始まって2週間ちょっとが過ぎた。房総のスタジオで藤原は、COVID-19のパンデミックと日本の今を語る。
ネアンデルタール人とクロマニヨン人の接触と淘汰に見る、ウィルスと人類の関係。
「グレート・ジャーニー」関野吉晴。新型コロナウィルス感染要因の考察。腸内細菌叢の活性化と抵抗力。
「グレート・ジャーニー」関野吉晴。新型コロナウィルス、感染。微熱、強烈な頭痛、味覚と嗅覚の消失。
「グレート・ジャーニー」で知られる関野吉晴氏と藤原新也の対話。1回目は関野氏の旅の始まりの話から。
loading
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store