Claim Ownership

Author:

Subscribed: 0Played: 0
Share

Description

 Episodes
Reverse
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2では、ROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、楽曲制作秘話を掘り下げる。 今回のゲストも引き続き、WONKのドラマー/ビートメイカーの荒田 洸。 アコースティックとエレクトロの融合に挑戦中だと語る三船。 Abletonなど、具体的な機材やロジック、インスパイアを受けた楽曲が飛び出す。 一方、先人に影響を受けることに悩む荒田の姿も…。化学反応のきっかけとは。 season2は今回で最後。次回のBEAT JOURNEYをお楽しみに。 <参考楽曲> ・ ATOM - ROTH BART BARON ・無限のHAKU - ROTH BART BARON ・Bon Iver - Bon Iver ・An Evening With Silk Sonic - Silk Sonic(Bruno Mars・Anderson .Paak) ・極彩色の祝祭 - ROTH BART BARON <参考人物> ・James Taylor ・Paul Frederic Simon ・岡田拓郎 ・Bon Iver ・Flying Lotus ・ROTH BART BARON ・WONK
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2では、ROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、楽曲制作秘話を掘り下げる。 今回のゲストは、WONKのドラマーであり、ビートメイカーである荒田 洸。 WONKの制作スタイルは「チームスポーツ」編成から、荒田さんのディレクションを取る方式に。 ミックスで気をつけていることや、音圧について…。具体的な「余白の作り方」のコツや、初心者向けツールの話も。 そしてトークは、自分の原点となったバンドミュージックの話へと移っていく。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・ WONK - FLOWERS <参考人物> ・江﨑文武 ・井上幹 WONK ・岡田拓郎 ・Le Velvets ・Neutral Milk Hotel ・Wilco ・THE BAND ・Allman Brothers Band ・Paul Frederic Simon ・James Taylor ・ROTH BART BARON ・WONK
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 ゲストは、ポップス・現代音楽など、多様なスタイルを横断し続ける作曲家/音楽家の坂東祐大。 「噛み砕けない物が、この世にはあると理解する」 言語化しないと淘汰されてしまう《社会を豊かにする為の劇場の使命》について語る二人。 ROTH BART BARONの原点となった、日本の音楽についても。 音楽と人間の距離は、どう変わるべきか。現代音楽の苦しみとこれからの可能性に迫る。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・日本狂詩曲/伊福部昭 ・風の通り道 ・A_o - BLUE SOULS <参考人物> ・Pierre Louis Joseph Boulez ・伊福部 昭 ・Víkingur Ólafsson ・ アイナ・ジ・エンド ・Bryan Callaghan Jr. ・Nico Muhly ・Trent Reznor ・ROTH BART BARON ・坂東祐大
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2では、ROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、楽曲制作秘話を掘り下げる。 ゲストは、ポップス・現代音楽など、多様なスタイルを横断し続ける作曲家/音楽家の坂東祐大。 はじまりは、消極的な選択だった。坂東の音楽をはじめたきっかけから、音楽の「お金」の話へ。 ブラックミュージックとクラシックが好きだった、幼少期の坂東におこった《バグ》とは? そして、ある日訪れた「理解できる瞬間」。そこから見つけた楽しみとは。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・A_o - BLUE SOULS ・けもののなまえ feat. HANA - ROTH BART BARON <参考人物> ・ STUTS ・ HANA ・ Jacob Collier ・ Billie Eilish ・ FINNEAS ・ Taylor Swift ・ Eminem ・ROTH BART BARON ・ 坂東祐大
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2では、ROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、楽曲制作秘話を掘り下げる。 ゲストは、2021年5月EMI Recordsよりメジャーデビューを果たしたアーティスト・さとうもか。 三船の収録スタジオは、彼が集めたユニークな機材で溢れている。 楽曲のインスピレーション・歌詞・タイトルのネーミングはどうやって得る?そして、どう具現化するのか。 パレットの上で色を混ぜるように音楽を彩る、三船のロジックが明かされる。 真逆な制作スタイルの二人の共通点は「病む」こと? 最後には、三船からさとうもかファンへの挑戦状も。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・ROTH BART BARON - みず/うみ ・ROTH BART BARON - あくま ・ROTH BART BARON - 鳳と凰 <参考人物> ・ STUTS ・Daniel Johnson ・ROTH BART BARON ・ さとうもか
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2では、ROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、楽曲制作秘話を掘り下げる。 ゲストは、2021年5月EMI Recordsよりメジャーデビューを果たしたアーティスト、さとうもか。 話は二人の幼少期まで遡り、音楽をはじめたきっかけを探っていく。 「自分がなりたいモノ」と「自分が持っているモノ」とのギャップを、二人はどう乗り越えたのか? 人間としてのアイデンティティは、音楽性にも関係していた。 また、先月発売されたさとうもかのメジャー1stフルアルバム『Woolly』制作秘話も。上京してきたばかりのさとうは《主人公》? 三船のwooly考察は必聴。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・Woolly / さとうもか ・無限のHAKU / ROTH BART BARON ・GO / Daniel johnston <参考人物> ・ Daniel Johnson ・Dinah Shore ・Nat King Cole ・Beverly Kenney ・ROTH BART BARON ・ さとうもか
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2ではROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、楽曲制作秘話を掘り下げる。 「悩んだ時は、いろんな人の気持ちで聴いてみようと思って。」 ゲストは前回に引き続きトラックメーカー・MPCプレイヤーのSTUTS。 今秋、2人がコラボレーションしたA_o - BLUE SOULSの制作秘話から始まり、それぞれのスタイル、バランス感覚の違いや、今、熱を上げている機材について語っていく。創作に行き詰まった時は「様々な視点で聴く」と語った三船の真意とは。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・A_o - BLUE SOULS ・Haim - Summer Girl <参考人物> ・ 羊文学 塩塚モエカ ・アイナ・ジ・エンド ・Rostam ・岡田拓郎 ・工藤明 ・ROTH BART BARON ・ STUTS
楽曲創作の過程に迫るドキュメンタリーPodcast《BEAT JOURNEY》 Season 2ではROTH BART BARONの三船雅也をホストに据え、豪華登場人物と共に楽曲制作秘話を掘り下げる。 初回ゲストはトラックメーカー・MPCプレイヤーのSTUTS。 リスナーからクリエイターになるまでを遡り、音楽を志した原点を振り返る。 過去のアナログ的な体験から得たフィジカルは、今の彼らの音楽に表出されていた。 また、数々のコラボレーションを魅せた「Presence」についても。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・ALBUM「無限のHAKU」ROTH BART BARON ・STUTS & 松たか子 with 3exes -Presence I feat. KID FRESINO ・STUTS & 松たか子 with 3exes -Presence Remix feat. T-Pablow, Daichi Yamamoto, NENE, BIM, KID FRESINO ・A_o - BLUE SOULS <参考人物> ・アイナ・ジ・エンド ・ Suchmos TAIHEI ・KID FRESINO ・ROTH BART BARON ・ STUTS
Ryohuが訪れたのは、10月27日に『WAVE feat. TENDRE』 をリリースしたばかり、Shin Sakiuraのスタジオ。 ビートメーカー・音楽プロデューサー・ギタリスト等、マルチに活躍するSakiuraは、 コロナ後、楽曲制作のスタイルに大きな変化があったと語る。 努力する時間を与えられた彼が学んだ事、そしてその学び方は? 最後には、今後の展望も。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・「All in One」Ryohu ・Shin Sakiura 『WAVE feat. TENDRE』 <参考人物> ・TENDRE ・AAAMYYY ・KANDYTOWN ・ Shin Sakiura
Ryohuが訪れたのは、ビートメーカー・音楽プロデューサー・ギタリスト等、マルチに活躍するShin Sakiuraのスタジオ。2019年に二人で制作した「More Life」の制作秘話に花が咲く。 「Shinくんは、ビートメーカーとしての側面が強い」と語るRyohu。 独自の"Shin Sakiuraサウンド"が生み出される秘訣は《ビジョンが無い》ことかもしれない。一見良くないこのキーワードが、Sakiuraのこだわり・そしてプロ意識に繋がっていた。かつて聴いた楽曲を振り返る二人が思い描いた「カッコイイ音楽」とは。 BEAT JOURNEYでしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・「 More Life」Shin Sakiura feat. Ryohu ・「Anytime, Anywhere, Anyone」Ryohu ・「All in One」Ryohu <参考人物> ・TENDRE ・AAAMYYY ・KANDYTOWN ・HIROKI ・Neetz ・80kidz ・ Shin Sakiura
Ryohuが訪れたのは、昨年リリースしたメジャー1stアルバム『DEBUT』のリードトラック「The Moment」も手がけた、音楽プロデューサー・冨田ラボのスタジオ。 制作の始まりは「曲の匂いを嗅ぐ」ことだった…。 楽曲を創る最初の一歩を冨田に訪ねるRyohu。具体的な楽曲制作のノウハウが飛び出す。 クリエイトの最中に「これでいいのか」とスランプに陥ることも。そこから誰と、どのように脱却するのか、彼らの言葉で語る。 最後には、ファンへの嬉しい情報も。 「BEAT JOURNEY」でしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・「Heartstrings 」Ryohu ・「You」Ryoh ・「GMC」Ryohu <参考人物> ・AAAMYYY ・KANDYTOWN ・TENDRE 冨田ラボ ・ 冨田ラボ Official Website ・Instagram ・Twitter
Ryohuが訪れたのは、昨年リリースしたメジャー1stアルバム『DEBUT』のリードトラック「The Moment」も手がけた、音楽プロデューサー・冨田ラボのスタジオ。 「HIPHOPの人たちは、ビートメーカーとしての側面もある」と語るRyohu。 普段は所謂「歌もの」楽曲を手がける冨田ラボとの楽曲制作は、Ryohuに技術的・精神的な変化を与えた……。 また、コロナ禍で変化せざるを得なかった部分、そして、変わらなかったものについても。 困難を乗り越えた先に完成した記念すべきファーストアルバム『DEBUT』の制作秘話に迫る。 「BEAT JOURNEY」でしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・Ryohu first ALBUM「The Moment 」Ryohu ・「Foolish」Ryohu <参考人物> ・TENDRE ・荒田洸(WONK) ・The Neptunes 冨田ラボ ・ 冨田ラボ Official Website ・Instagram ・Twitter ・Facebook
Ryohuのスタジオにやってきたのは、ベースに加え、ギターや鍵盤、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、TENDRE(河原太朗)。 これまで曲作りを共にしてきた2人の、これからとは・・・?メジャーに活動の場を広げた2人が、楽曲との向き合い方や曲作りはどう変わっているのか、語ります。さらにコロナ禍での曲作りについて。Ryohu、TENDREの考える「良い曲」の条件とは・・・!? 「BEAT JOURNEY」でしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 次回は、Ryohuがリリースしたメジャー1stアルバム『DEBUT』のリードトラック「The Moment」も手がけた、 音楽プロデューサーの冨田ラボさんが登場。冨田さんのスタジオからお届けします。 <参考楽曲> ・「hanashi」TENDRE ・TENDRE 2nd ALBUM「LIFE LESS LONELY」 <参考人物> ・AAAMYYY ・冨田ラボ TENDRE ・TENDRE Official Website ・Instagram ・Twitter
今回、Ryohuのスタジオにやってきたのは、ベースに加え、ギターや鍵盤、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、TENDRE(河原太朗)。 TENDREが共同プロデューサーとして参加したEP「All in one」の制作秘話に始まり、機材について、レコーディングについて、仲間について…...。歴史を振り返りながら、赤裸々な本音を交わし合う。また、TENDREにとって活動の転機ともなった「hanashi」が経てきた8年間の道のりについても。 「BEAT Journey」でしか聴けないエピソードを、今週もお聞き逃しなく。 <参考楽曲> ・「All in One」Ryohu ・「Am I Wrong (feat. ScHoolboy Q)」Anderson .Paak ・「Blur」Ryohu ・「hanashi」TENDRE <参考人物> ・まーくん ・OKAMOTO'S ・AAAMYYY TENDRE ・TENDRE Official Website ・Instagram ・Twitter
スタジオにやってきたのは、Ryohu も所属する HIP HOP クルー KANDYTOWN のプロデューサー Neetz。 <参考楽曲> ・「All in One」Ryohu ・「All in One (Remix) [feat. IO & KEIJU] 」Ryohu ・「CRACKER CREAM (REMIX) 」 RYOHU , GOTTZ(BLAKK MOTEL / KANDYTOWN) ・「Downtown boyz 2.0 (feat. Gottz)」Ryohu ・「Off The Grid」Kany West (Donda) ・「PROGRESS」KANDYTOWN ・「ADVISORY (Remixies) - EP」KANDYTOWN <参考人物> ・Nas ・Hit-Boy ・The Alchemist ・DJ PREMIER
スタジオにやってきたのは、Ryohu も所属する HIP HOP クルー KANDYTOWN のプロデューサー Neetz。Ryohu の作りためている Beat をチェックしつつ、話はお互いの曲作りの話に・・・ ラッパー / トラックメーカーとして、ソロでも活動する Ryohu、KANDYTOWN のほとんどの楽曲やメンバーのソロ曲も手がける Neetz の曲作りの方法についての違い、それぞれから見る KANDYTOWN について、そしてラッパーに曲を聞かせるベストなタイミングとは・・・? <参考楽曲> ・「愛を伝えたいだとか Neetz ft. Ryohu "studio991" Remix 」あいみょん ・「Neon Step」Gottz, Yo-Sea & Neetz ・「Get Light」KANDYTOWN ・「Donda」Kanye West <参考人物> ・J. Cole ・Willie B
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store