Claim Ownership

Author:

Subscribed: 0Played: 0
Share

Description

 Episodes
Reverse
サッカー日本代表を形作るのは、 選手や監督、コーチだけではありません。 多くのスタッフが、それぞれの専門分野を活かし、支えています。 今回、<SAMURAI BLUEの礎を築くもの〜サッカー日本代表を支える真のチーム力> というテーマで、スタッフがチームにもたらすチカラについて、 5人の方に、週替りでお話を伺います。 第4回目は、 サッカー日本代表・専属シェフの西芳照さんです。 ワールドカップ4大会を含む、 130回以上の日本代表の海外遠征試合に帯同している西さんに、 専属シェフのお仕事についてお話を伺いました。
サッカー日本代表を形作るのは、 選手や監督、コーチだけではありません。 多くのスタッフが、それぞれの専門分野を活かし、支えています。 今回、<SAMURAI BLUEの礎を築くもの〜サッカー日本代表を支える真のチーム力> というテーマで、スタッフがチームにもたらすチカラについて、 5人の方に、週替りでお話を伺います。 第3回目は、 サッカー日本代表・キットマネージャー、麻生英雄さんです。 日本代表が出場した6回のワールドカップ、すべてに帯同し、 実に20年以上、チームに貢献されている麻生さん。 試合や練習の際に必要な用具の準備や、管理をする、 「キットマネージャー」というお仕事についてお話を伺いました。
サッカー日本代表を形作るのは、 選手や監督、コーチだけではありません。 多くのスタッフが、それぞれの専門分野を活かし、支えています。 今回、<SAMURAI BLUEの礎を築くもの〜サッカー日本代表を支える真のチーム力> というテーマで、スタッフがチームにもたらすチカラについて、 5人の方に、週替りでお話を伺います。 第2回目は、 サッカー日本代表・フィジカルコーチ、松本良一さんです。 試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、 個々の選手の体を整える役割を担う、 「フィジカルコーチ」というお仕事についてお話を伺いました。
サッカー日本代表を形作るのは、 選手や監督、コーチだけではありません。 多くのスタッフが、それぞれの専門分野を活かし、支えています。 今回、<SAMURAI BLUEの礎を築くもの〜サッカー日本代表を支える真のチーム力> というテーマで、スタッフがチームにもたらすチカラについて、 5人の方に、週替りでお話を伺います。 第1回目は、 サッカー日本代表・テクニカルスタッフ、寺門 大輔さんです。 寺門さんが担う、 対戦チームの情報を入手し、分析する、 「スカウティング」という役割についてお話を伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 メディアドゥ代表取締役社長CEO、藤田恭嗣さん。 そして、クレディセゾン常務執行役員、セゾンAMEX事業部長、 足利駿二さんです。 顧客満足主義を第一に掲げ、サービスを展開してきた、 「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」。 誕生から25年の節目に、革新的な電子書籍サービス 、 「まんがセゾン」を立ちあげました。 今回、<顧客満足主義の信念から生まれる新たなビジネスの未来像> というテーマで、電子書籍に代表されるデジタルコンテンツを世に広め、 共同で、「まんがセゾン」を手掛けた、 メディアドゥ藤田恭嗣さんと、クレディセゾン足利駿二さんに、 全4回にわたって、お話を伺っています。 最終回となる4回目。 デジタルコンテンツの未来に、どのような変化が待っているのか、 そして、どのような変化が予想されるのか、 お二人にお話を伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 メディアドゥ代表取締役社長CEO、藤田恭嗣さん。 そして、クレディセゾン常務執行役員、セゾンAMEX事業部長、 足利駿二さんです。 顧客満足主義を第一に掲げ、サービスを展開してきた、 「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」。 誕生から25年の節目に、革新的な電子書籍サービス 、 「まんがセゾン」を立ちあげました。 今回、<顧客満足主義の信念から生まれる新たなビジネスの未来像> というテーマで、電子書籍に代表されるデジタルコンテンツを世に広め、 共同で、「まんがセゾン」を手掛けた、 メディアドゥ藤田恭嗣さんと、クレディセゾン足利駿二さんに、 全4回にわたって、お話を伺っています。 第3回目、 わずか4ヵ月という短い期間で 「まんがセゾン」のローンチまでたどり着いた、 メディアドゥとクレディセゾンの企業スピリッツについて、 お二人にお話を伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 メディアドゥ代表取締役社長CEO、藤田恭嗣さん。 そして、クレディセゾン常務執行役員、セゾンAMEX事業部長、 足利駿二さんです。 顧客満足主義を第一に掲げ、サービスを展開してきた、 「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」。 誕生から25年の節目に、革新的な電子書籍サービス 、 「まんがセゾン」を立ちあげました。 今回、<顧客満足主義の信念から生まれる新たなビジネスの未来像> というテーマで、電子書籍に代表されるデジタルコンテンツを世に広め、 共同で、「まんがセゾン」を手掛けた、 メディアドゥ藤田恭嗣さんと、クレディセゾン足利駿二さんに、 全4回にわたって、お話を伺っています。 誕生から25年の月日が経つ、 「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」、 そして、昨年、設立25周年の節目を迎えた株式会社メディアドゥ。 第2回目は、“25年”をテーマに、お二人にお話を伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 メディアドゥ代表取締役社長CEO、藤田恭嗣さん。 そして、クレディセゾン常務執行役員、セゾンAMEX事業部長、 足利駿二さんです。 顧客満足主義を第一に掲げ、サービスを展開してきた、 「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」。 誕生から25年の節目に、革新的な電子書籍サービス 、 「まんがセゾン」を立ちあげました。 今回、<顧客満足主義の信念から生まれる新たなビジネスの未来像> というテーマで、電子書籍に代表されるデジタルコンテンツを世に広め、 共同で、「まんがセゾン」を手掛けた、 メディアドゥ藤田恭嗣さんと、クレディセゾン足利駿二さんに、 全4回にわたって、お話を伺います。 第1回目は、 「まんがセゾン」サービス誕生の経緯について、お二人に伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 アディダスジャパン カテゴリープランニング マネージャーの高木将さんです。 4年に一度のFIFAワールドカップが、今年11月にカタールで開幕します。 それに先立ち、決戦の地で、 サッカー日本代表〝 サムライブルー〞の選手たちが身にまとう最新のユニフォームが発表されました。 1930年、「国土を取り巻く海」をコンセプトに、 サッカー日本代表のユニフォームカラーは“青”に制定されて以来、 さまざまなブルーで表現されてきたユニフォームは、 今年、歴史と願いが込められた幾何学模様のスタイルに生まれ変わります。 今回、<SAMURAI BLUEを支えるもの〜サッカー日本代表ユニフォーム プロジェクト〜> というテーマで、ユニフォームの開発を担当された高木さんに、 全4回にわたって、お話を伺っています。 最終回となる4回目。 サッカー日本代表ユニフォームの歴史、今回のユニフォームにかけた想い、 サムライブルーを支えるオフィシャル・サプライヤーとしての今後のビジョンについてお話を伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 アディダスジャパン カテゴリープランニング マネージャーの高木将さんです。 4年に一度のFIFAワールドカップが、今年11月にカタールで開幕します。 それに先立ち、決戦の地で、 サッカー日本代表〝 サムライブルー〞の選手たちが身にまとう最新のユニフォームが発表されました。 1930年、「国土を取り巻く海」をコンセプトに、 サッカー日本代表のユニフォームカラーは“青”に制定されて以来、 さまざまなブルーで表現されてきたユニフォームは、 今年、歴史と願いが込められた幾何学模様のスタイルに生まれ変わります。 今回、<SAMURAI BLUEを支えるもの〜サッカー日本代表ユニフォーム プロジェクト〜> というテーマで、ユニフォームの開発を担当された高木さんに、 全4回にわたって、お話を伺います。 第3回目。 高木さんが、今大会のユニフォーム開発前に携わった、 「100周年アニバーサリーユニフォーム」についてお話を伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 アディダスジャパン カテゴリープランニング マネージャーの高木将さんです。 4年に一度のFIFAワールドカップが、今年11月にカタールで開幕します。 それに先立ち、決戦の地で、 サッカー日本代表〝 サムライブルー〞の選手たちが身にまとう最新のユニフォームが発表されました。 1930年、「国土を取り巻く海」をコンセプトに、 サッカー日本代表のユニフォームカラーは“青”に制定されて以来、 さまざまなブルーで表現されてきたユニフォームは、 今年、歴史と願いが込められた幾何学模様のスタイルに生まれ変わります。 今回、<SAMURAI BLUEを支えるもの〜サッカー日本代表ユニフォーム プロジェクト〜> というテーマで、ユニフォームの開発を担当された高木さんに、 全4回にわたって、お話を伺います。 第2回目。 高木さんに、新コンセプト「ORIGAMI」を思いつくまでのストーリー、 最新のユニフォームのデザインのこだわりについて、お話を伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 アディダスジャパン カテゴリープランニング マネージャーの高木将さんです。 4年に一度のFIFAワールドカップが、今年11月にカタールで開幕します。 それに先立ち、決戦の地で、 サッカー日本代表〝 サムライブルー〞の選手たちが身にまとう最新のユニフォームが発表されました。 1930年、「国土を取り巻く海」をコンセプトに、 サッカー日本代表のユニフォームカラーは“青”に制定されて以来、 さまざまなブルーで表現されてきたユニフォームは、 今年、歴史と願いが込められた幾何学模様のスタイルに生まれ変わります。 今回、<SAMURAI BLUEを支えるもの〜サッカー日本代表ユニフォーム プロジェクト〜> というテーマで、ユニフォームの開発を担当された高木さんに、 全4回にわたって、お話を伺います。 第1回目。 「ORIGAMI」をコンセプトとした新デザインについて、 高木さんにお話を伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 グレイス杉山クリニック SHIBUYA 院長の岡田 有香さん、 そして、株式会社グレイスグループ取締役 CMO、 上野 千紘さんです。 アメリカ大手企業では、 福利厚生の一環である「卵子凍結」。 年齢が若いうちに卵子を採取し、 最先端の医療技術で凍結、保管しておくことで、 現在の卵子を、未来の自分に届け、 ライフステージにあわせて、体外受精、妊娠、出産に備えること可能になります。 今回、お二人に、 <皆で考える未来の選択肢 少子高齢化を止めるビジョンと意識改革〜卵子凍結が拓く可能性〜>というテーマで、 全4回にわたって、お話を伺います。 最終回となる4回目。 卵子凍結が、一般的になりつつある、 アメリカの現状についてお二人にお話を伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 グレイス杉山クリニック SHIBUYA 院長の岡田 有香さん、 そして、株式会社グレイスグループ取締役 CMO、 上野 千紘さんです。 アメリカ大手企業では、 福利厚生の一環である「卵子凍結」。 年齢が若いうちに卵子を採取し、 最先端の医療技術で凍結、保管しておくことで、 現在の卵子を、未来の自分に届け、 ライフステージにあわせて、体外受精、妊娠、出産に備えること可能になります。 今回、お二人に、 <皆で考える未来の選択肢 少子高齢化を止めるビジョンと意識改革〜卵子凍結が拓く可能性〜>というテーマで、 全4回にわたって、お話を伺います。 第3回目。 実際に卵子凍結サービスを利用するケースや、 患者の方から、どういった声をよく耳にするのか、お二人に伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 グレイス杉山クリニック SHIBUYA 院長の岡田 有香さん、 そして、株式会社グレイスグループ取締役 CMO、 上野 千紘さんです。 アメリカ大手企業では、 福利厚生の一環である「卵子凍結」。 年齢が若いうちに卵子を採取し、 最先端の医療技術で凍結、保管しておくことで、 現在の卵子を、未来の自分に届け、 ライフステージにあわせて、体外受精、妊娠、出産に備えること可能になります。 今回、お二人に、 <皆で考える未来の選択肢 少子高齢化を止めるビジョンと意識改革〜卵子凍結が拓く可能性〜>というテーマで、 全4回にわたって、お話を伺います。 第2回目。 少子化が進む、日本社会において、 男性と女性の意識の違いについて、お二人に伺いました。
今回、番組にお迎えするのは、 グレイス杉山クリニック SHIBUYA 院長の岡田 有香さん、 そして、株式会社グレイスグループ取締役 CMO、 上野 千紘さんです。 アメリカ大手企業では、 福利厚生の一環である「卵子凍結」。 年齢が若いうちに卵子を採取し、 最先端の医療技術で凍結、保管しておくことで、 現在の卵子を、未来の自分に届け、 ライフステージにあわせて、体外受精、妊娠、出産に備えること可能になります。 今回、お二人に、 <皆で考える未来の選択肢 少子高齢化を止めるビジョンと意識改革〜卵子凍結が拓く可能性〜>というテーマで、 全4回にわたって、お話を伺います。 第1回目。 まずは、働き方改革が進み、晩婚化、少子高齢化が深刻となる日本社会の現状について、 どのように考えているのか、お二人に伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO、 中野 晴啓さんです。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性」 4つの単語の頭文字をとった、 「VUCA(ブーカ)時代」と呼ばれる、 あらゆる環境が目まぐるしく変化し、予測が難しい現代。 そんな時代をどう読み解き、どう生き抜いていくべきか、 中野さんに、 <未来のお金の育て方〜VUCA時代の資産育成計画>というテーマで、 全5回にわたって、お話を伺っています。 最終回となる第5回目。 暗号資産といった”未来のお金”についてのお話や、 中野さんが考える”未来へのミッション”について語って頂きました。
今回、番組にお迎えしているのは、 セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO、 中野 晴啓さんです。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性」 4つの単語の頭文字をとった、 「VUCA(ブーカ)時代」と呼ばれる、 あらゆる環境が目まぐるしく変化し、予測が難しい現代。 そんな時代をどう読み解き、どう生き抜いていくべきか、 中野さんに、 <未来のお金の育て方〜VUCA時代の資産育成計画>というテーマで、 全5回にわたって、お話を伺っています。 第3回目。 中野さんに、 東京証券取引所の再編の実情についてお話を伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO、 中野 晴啓さんです。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性」 4つの単語の頭文字をとった、 「VUCA(ブーカ)時代」と呼ばれる、 あらゆる環境が目まぐるしく変化し、予測が難しい現代。 そんな時代をどう読み解き、どう生き抜いていくべきか、 中野さんに、 <未来のお金の育て方〜VUCA時代の資産育成計画>というテーマで、 全5回にわたって、お話を伺っています。 第3回目。 高校の授業で、金融教育がスタートしたことについてのお話、 子供へのお金に関する教育についてのお話など、 中野さんに「お金の教育のあり方について」というテーマで、 お話を伺いました。
今回、番組にお迎えしているのは、 セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO、 中野 晴啓さんです。 「Volatility:変動性」 「Uncertainty:不確実性」 「Complexity:複雑性」 「Ambiguity:曖昧性」 4つの単語の頭文字をとった、 「VUCA(ブーカ)時代」と呼ばれる、 あらゆる環境が目まぐるしく変化し、予測が難しい現代。 そんな時代をどう読み解き、どう生き抜いていくべきか、 中野さんに、 <未来のお金の育て方〜VUCA時代の資産育成計画>というテーマで、 全5回にわたって、お話を伺っています。 第2回目。 中野さんに、 「”貯金”を重視する、日本人のお金に対するメンタリティー」について、 お話を伺いました。
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store