Discover9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~
9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~
Claim Ownership

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~

Author: 高橋秀仁

Subscribed: 27Played: 701
Share

Description

事業承継に直面する企業は今後10年で約4割。そして、準備を怠れば、あの有名企業のように、業績低下、人材流出、資金不足など、会社の存立が危うくなります。そうならないために「失敗しない事業承継」と2代目社長が成功する「後継社長専用の経営法」を知っておくことが重要です。

この番組では「事業承継コンサルタント」高橋秀仁が、

自らも事業承継で苦労した経験と、中小企業診断士の正しい理論と

会社を経営している現役社長としての実践を通じて、

2代目3代目社長の応援ために、事業承継を先に経験した先輩経営者から

事業承継の秘訣をインタビューし、その極意を経営コンサルタントして、

誰でも活用できる方法として解説しています。

これから、事業承継を控える方、事業承継後の経営に悩んでいる方におすすめです。


事業承継コンサルタント「アシスト2代目」  
http://asisst-2daime.com/

日本事業承継コーチング協会  
https://www.jsc-kyokai.com/
210 Episodes
Reverse
中小企業にとって、人材は大切です。 大企業に資金と資産では勝てないので、人材で現場での工夫やチームワークで付加価値を高めることが基本戦略です。 そのためには、社員教育を定期的に実施して、人材を育てることが大切です。 人材を育てるには技術能力面と心理面があり、それらについて解説しています。 社員教育の大切さとその実行について、ぜひお聞き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime212.mp3
社長に就任後、力を入れた人材育成でしたが、一番の悩みも人材育成でした。 若手社員は研修などで大きく変わり成果も出せているのに、ベテラン社員はあまり変われていないことに、社長はその人の人生を心配します。 長く働いてもらうために、粘り強く対話し、社長の経営の方向性を分かってもらう努力をします。 ベテラン社員の対応に大きな参考となる内容です。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime211.mp3
社長に就任しても、仕事の引き継ぎはなく、何をすればいいか分からなかった。 そこで、まずは資金や財務から学ばれました。 そして、社内にあった資金を人材育成に活用しました。 社員が新しい知識や新鮮な経験をすることで、能力や見識が高まり、社内の活性化につなげていった。 当初はあまり変化は感じられなかったが、あるとき社長自身が変化を実感した。それは○年後でした。 人材育成の大切さが分かるインタビューです。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime210.mp3
二葉企画に入社したものの、自社が「会社」でないことに気づきます。 急に部署が変わっても、引継ぎもなく、仕事のやり方のレクチャーもない。 それでも、体当たりで仕事をした小林社長に仕事のやり方や考え方を教えてくれたのは、先代から付き合いのある古い取引先の社員でした。 そこから、顧客先で自分なりの人脈を拡大し、仕事を増やしていきます。 若くして入社した後継者には、大きなヒントになる内容です。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime209.mp3
中小企業の経営において、売上増加のマーケティングは重要です。 そのために、販売単価を高めるか、販売数量を増やすかについて、それぞれ対策を実行します。 今回は販売数量を増やすための考え方です。 値引きではなく、おまけをつけるという経営者としての思考について解説します。 同じ努力でも、ちょっとした違いで社内に利益が残ります。ぜひお聞き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime208.mp3
診療所を引き継ぐつもりはなく、自分で開業するつもりだった山口先生。 だから、やりたいことを実現していくバイタリティーにあふれています。 しかし、自分のやりたいことばかりを推し進めるのでは、衝突します。 そこで、先代を院長として尊敬し、しっかり立てます。 そうすることで、診療内での揉め事はなく、最終的に円滑にバトンタッチが出来ます。 そのほか、診療所を引き継いでからの人材の悩みや新しい仕事の開発など 診療所経営と会社経営に通じることを解説しています。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime207.mp3
副院長として3年ほどたった時に、先代から院長を任された。 歯科医としての技術力が認められたと感じた山口先生。 かねてから考えていた、「自分のやりたい診療」を実現するために、奮闘されます。 しかし、院長になってみると様々な問題、特に人材の定着と育成に悩みます。 その時、自分に足りないのは「人間力」だと知ります。 そして、それを改善するために、あることを学びます。 技術や腕に自信のある後継者・後継社長にぜひお聞きいただきたい内容です。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime206.mp3
父が歯科医として開業したが、 山口先生は幼少期に歯科医となることを強要されなかった。 大学進学時に、医師か歯科医かを悩んでいたが、 最終的には父に背中を押され、歯科医に進学した。 歯科医になり、他院の勤務を経て、父の診療所が移転・リニューアルする タイミングで山口歯科診療所に戻ってくる。 院長と副院長として共に働き、 院長は既存患者、副院長は新規患者と 役割を分担することで、診療所は順風に運営された。 院長は副院長の最新技術などを認め、副院長は院内では院長をたてた。 親族承継によくあるメンタルな問題が少ない、事業承継の成功事例として、ぜひお聞き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime205.mp3
会社経営にあたっては、損益計算書をぱっと見て、 会社の状況が分かることが重要です。 しかし、後継者にはどのように見て良いか分かりません。 また、数字は分かっても、それが現状とどのようにつながっているか 把握することが大切です。 損益計算書を見るポイントとして、 売上と入金の確認・在庫の流れについて解説しています。 ぜひお聞き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime204.mp3
社長となって、資金からマーケティング、現場の接客まで 幅広く活動されている近藤社長。 後継者として会社を改善するには、同年代の信頼できる社員がいります。 そして、様々な改善を実行するには、時間を上手くつかうしかありません。 経営者として大切な時間の使い方について解説しています。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime203.mp3
予定通り先代が退任し社長になるものの、社長の仕事が分からない! 父に聞いてもはぐらかされそうなので、必死に自分で勉強した近藤社長。 資金や財務から勉強し、人材確保と育成、そしてビジネスモデルの再構築と 後継社長が上手くいく仕事の進め方を実行されています。 これから後継社長になる方に、ぜひお聞きいただきたい内容です。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime202.mp3
老舗貸衣装店3代目の近藤社長。 2人姉妹の長女でも、会社を継ぐとは言われなかった。 28歳の時に、先代から会社に入るかどうか聞かれ 「結婚までの仕事」と軽い気持ちで入社する。 しかし、着物についての知識がないため毎日遅くまで勉強し、 苦手な針仕事も努力するなど、修行となった後継者時代でした。 それでも、その時の経験が今の経営に役立っています。 若くして会社に入った後継者に特にオススメの内容です。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime201.mp3
リスナーの皆様のおかげをもちまして、ポッドキャスト配信が200回を迎えました。 これまでお届けした多くの後継社長のインタビューのなかで、 もう一度聞いて欲しい社長を紹介し、 その聞きどころを解説しています。 初めての方も2度目の方も、ぜひ厳選したインタビューを聞きなおしていただければと思います。 解説している社長名(紹介順) ・オーダースーツSADA  佐田 展隆社長(第90~第93回) ・株式会社シュウ・カワグチ  川口 菜旺子社長(第163回~第165回) ・エスアイ精工株式会社  指尾 成俊社長(第9回、第10回、第153回~第155回) ・株式会社布引礦泉所  石井 恭子社長(第27回、第28回) アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime200.mp3
日本には長く続いている会社が多くあります。 その会社の家訓を学ぶことで、会社永続の秘訣や事業承継のポイントを学ぶことができます。 今回は高島屋さん。 関西を中心としたデパートです。 江戸時代に創業し、初代から2代目へ経営を引き継ぎながら、古着屋から百貨店に成長し事業を発展させています。 その中で経営者として会社を守るべき家訓を知り、時代と共に成長するための経営手法の変化について解説しています。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime199.mp3
茨木市常総市にある、老舗和菓子店「ゆたかや」の3代目の中山社長。 急遽後継者になってから会社を引き継ぎ、新しいことにチャレンジする 波乱の後継社長について、解説します。 1.東京に修行後に「ゆたかや」に戻り、新しい商品を作るも、低い値付けに葛藤する後継者時代。 2.社長となり店舗リニューアルを機に、専門店として高付加価値の商品を増やしたことで顧客が離れるかと心配したものの、ほとんどの顧客は長く買いに来てくれた。そこは、先代の力に支えられた。 3.新店舗を出すにあたり、もともとの甘味屋のエッセンスを残す店作りにした。自社の歴史を今風に活用する。後継社長ならではの、長く会社が続く方法のひとつです。 ぜひお聴き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime198.mp3
店舗リニューアルを境に、33歳で会社を引き継いだ中山社長。 自分の思い描いていた「和菓子の専門店」を実現し、新たな船出と期待していた。 しかし、顧客は新商品を買ってくれるだろうか。 価格が高くなっているので、顧客は離れるのでないか。 そんな不安が、オープンが近づくにつれて大きくなります。 しかし、リニューアルすると多くの顧客が自分の和菓子を気に入ってくれ、リピートしてくれた。 その理由は先代のある行動にあったと、あとで分かった。 さらに、2号店をオープンするにあたって、中山社長がこめた想いとは。 会社を引き継いでよかったと思えるようになる、後継者・後継社長はぜひお聞き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime197.mp3
子供のころは継ぐつもりはなかったところ、急遽引き継ぐことになった中山社長。 学校卒業後、東京で6年修行することで、 流行を取り入れた和菓子を専門店で販売することが 今後の店の方向性と感じます。 しかし、「ゆたかや」に戻ると昔ながらの 安くて美味しい仕事ばかり。忙しいのはいいが、 このままでは時代の流れに乗り遅れると不安を感じます。 現状の仕事の状況と時代を感じての将来に悩みます。 多くの後継者にお聞き頂きたい内容です。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime196.mp3
中小企業は慢性的に人手不足です。若手人材となれば さらに不足しており、採用に悩みます。 後継者・後継社長にとって、同世代や若手の人材は これから長く働いてもらい、共に会社を発展していくための 仲間であり、同士です。 厳しい環境でも、若手人材を採用できている 後継者・後継社長はいらっしゃいます。 そのような貴重な若手人材を 採用するための3つのポイントです。 当インタビューに出演された後継社長のHPを 参照しながら、分かりやすく解説しています。 ぜひお聴き下さい。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime195.mp3
将来は後継社長ではなく、それを支えるナンバー2として 自社の将来を見ていたからこそ、客観的に見えていた白鳥社長。 後継者時代には、必要以上に焦ることもなく、自社の事業の将来性と 現時点での優位性を把握することができた。 そこから、 理念を実践することや事業の収益性を高めることを 様々な人脈や仲間を通じて学びます。 経営者としての「あり方」を学ぶことについて 解説しています。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime194.mp3
3店舗を一つの会社としてまとめて再出発するため、後継社長に指名された白鳥社長。 急な社長指名であっても、「自分がやる番なのだ」と自覚と覚悟ができていた。 それは、先輩社長や青年会議所の仲間が社長になるのを目の当たりにしてきたからである。 社長になり、社内をまとめるために 「何故、その仕事をやっているか」と、会社の目的を伝え そして「我々は安心を配送していたのだ」と繰り返し言った。 それは、東日本大震災の教訓から 「自分たちが強くなければ、顧客は守れない」と痛感し、 そのための投資や会社の資産を再構築します。 大きなタンクに投資すれば失敗すると言われたが、できると思っていた。 それは、他地域で成功した仲間の存在があったから。 その地域から少し飛び出し人脈と情報を得ることで 成功することが分かる、貴重なインタビューです。 アシスト2代目(株式会社高橋) 後継者・後継社長の方 http://asisst-2daime.com/ 事業承継コーチング協会 士業・コンサル・FPの方 https://www.jsc-kyokai.com/ nidaime193.mp3
loading
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store