Claim Ownership

Author:

Subscribed: 0Played: 0
Share

Description

 Episodes
Reverse
思いやりは、ビジネスの再構築に関しては大いに役立ちます。破産の瀬戸際からアパレル企業を救った起業家のジェームス・リーは、職場での思いやり文化への投資の価値を共有し、私たち全員が心を込めてリードする必要がある理由を示しています。
起業したいと思うアイデアを持っていますか?リソス・カール社の創業者兼CEOであるジュリッサ・プラドが、自分が育ったラテン系移民コミュニティからどのようにインスピレーションを受けたかを説明し、仕事の指針としている3つの原則を紹介します。
大切な家族行事の途中で仕事のEメールに返信した事はありますか? 休暇中に上司の電話を受けた事はありますか? ハーバード・ビジネス・スクールの教授である行動科学者のアシュリー・ウィランズによると、「常にオンライン状態」の仕事文化は個人の健康だけでなく仕事にも害を与えます。彼女はプライベートの時間を満喫することを妨げている悪い習慣と、仕事と私生活にきちんと境界線を引くための実用的な3つのステップについて語ります。
中国は2060年にカーボン・ニュートラルを実現すると公約しており、全国の企業がこのゴールを達成するように市民も活動しています。ブルーマップというアプリを環境活動家のマー・ジュンが紹介します。このアプリは地域における環境汚染の基準違反を報告し、リアルタイムの環境データを追跡することを可能にします。また、排出者が説明責任を果たし、世界中のサプライチェーンに関わる企業が調達先について情報を元に選定できるようにします。このアプリが、透明性という力をどのように使って(現時点において)1万4千社以上に環境改善の意欲を持たせているのかをご覧ください。
ホットフラッシュ、関節痛、不安、抑うつ、不眠など―これらの更年期障害の厳しい症状は直接仕事に影響を与えているにもかかわらず、度々見過ごされがちで、タブーと考えられて話題に上がることもない、と起業家のアンドレア・バーコウィッツは言います。彼女は更年期障害を受け入れるような職場文化を作り出すための実用的なアドバイスを与えてくれます。そうすることで、ジェンダー間の公平性や職場の多様性を改善することになるのです。
謙虚さ、透明性そして迅速さは、組織の大小に関係なく、立ちはだかる困難を上手く乗り越えていくための舵取りには不可欠な要素です。リーダーシップの専門家であるエイミー・C・エドモンドソンが、難局を乗り切ろうとするリーダーに向け、明確なアドバイスと実例を紹介していきます。
フリーランサーは、クリエイティブでいるかお金を稼ぐかを選ばなければならないとよく言われます。ファイナンシャル・アドバイザーのパコ・デ・レオンがこの迷信を暴き、自分を差別化してふさわしい報酬を得られるようにするための実際的なアドバイスをします。
どのようにすれば私たちは敬意を持って、生産的に、お互いに異なる意見を持つことができるだろうか? この示唆に富んだトークの中で、組織でのチーム作りの専門家マット・トロンブリーが、「アゴニズム」(問題に対して融通のきかないスタンスをとる傾向)を考察。「合意すること」の様々な側面を見つけることが問題解決の最初のステップになり得る理由を説明し、「人との共通の基盤がほんの少しでも見つかると、その人のすばらしさ、複雑さ、偉大さを理解することができる」と語ります。
アスリートたちは、より速く走り、もっと高くジャンプし、もっと遠くへ投げることができるよう身体を鍛えます。ならば精神面のコントロールは、何故鍛えないのでしょうか? プロアメリカンフットボールリーグ、NFLチームのシアトル・シーホークスでクォーターバックを務めるラッセル(ラス)・ウィルソンは、「ニュートラル・シンキング(中立思考)」の力について語ります。これのおかげで、フィールドの上でも社会においても、プレッシャーの伴う状況で成功できたのだと彼は説明します。そして私たちもこの考え方を取り入れることで、自分の人生における正しい選択ができると教えてくれます。
自分の財産の管理から手を引くことは ― 自主的にであろうとそうでなかろうと ― 力を失うことに繋がり、場合によっては、虐待の連鎖に閉じ込められてしまいます。この極めて個人的な話の中で、会計士のギブソンは経済的依存から抜け出した自身の体験を語ります。有益で実践的な助言を通じて、自分の財産に責任を持つことによって手にできる自由を望む人々を勇気づけてくれます。
あなたのパッション(心を深く動かされること)は何ですか?社会起業家のノエリン・キラボは、ウガンダで暮らす就学していない若者達が自分のパッションを利益を生むビジネスに変えられるよう支援しています。その彼女が自身の仕事を振り返り、さらにあなたのパッションを収益につなげる一歩を踏み出させてくれる、2つの質問を紹介します。
平等の専門家サラ・サンフォードは、良識の範囲を超えていく企業を助ける認証済みのマニュアルを作りました。このマニュアルはデータに基づいた指標を使い、人々の意識を変えるだけでなく、職場の行動を変えることによって積極的に無意識のバイアスに対処し、ジェンダー平等を促進しています。
Uber、Airbnb、Amazonのようなオンラインマーケットプレイスの成長は、時としてローカルビジネスを脅かすことがあります。タクシー、ホテル、小売店から仕事を奪ったり、地域社会の収入を減らしてしまいます。しかし、戦略コンサルタントのアマン・デナーニは、それ以外にも道はあると言います。Gojek(インドネシアのバイク版Uber)やJumia(アフリカ版Amazon)を例に挙げ、いくつかのオンラインマーケットプレイスでは、慎重なトレードオフの結果、地域経済における既存の事業従事者のシェアを奪わずに融合することで、長期的に全ての人に恩恵をもたらす方法を説明します。
複雑で変化する世界において、型に嵌らない人とそのアイデアを確実に成功に導くにはどうしたら良いのでしょうか?企業役員のイプシタ・ダスグプタが現状を打破するためにルールを曲げ破る人びとー共謀者ーの概念を紹介し、新しい考え方、新しい動き方、新しい在り方を創り出す方法を示します。
ヴァロリー・コンドース・フィールドは勝つことについて熟知しています。UCLA女子体操チームで長年コーチを務めた彼女は、チャンピオンシップで優勝に優勝を重ね、そのリーダーシップが広く称えられています。このトークは聴衆の気持ちを奮い立たせ、あまりに率直で、胸がえぐられるようなところもあります。そこで語られるのは、彼女の成功の秘密(実は「勝つこと」とは無関係)です。
誰がどこから富を生み出し、何がそれを破壊するのでしょう? 世界経済を深く掘り下げるトークで、マリアナ・マッツカートは私達が「価値とは何か」を見失ったこと、そして資本主義が大胆で、イノベーティブで、持続可能な全員のための未来を築くものへと変化するために、現在の金融システムを見直すべき理由を説明します。
効率主義への執着は、実は私たちを非効率にしているのでしょうか。作家であり歴史家のエドワード・テナーは、何事もできるかぎり早く済ませようとする効率性が持つ有望性とその危険性について啓示的に議論し、生産性向上のために取りうる「刺激的非効率性」を実践する7つの方法を提示します。
自分の能力に疑問を持ち、化けの皮がはがれないかと不安になったことはありませんか? それは「インポスター症候群」と呼ばれ、そう感じているのはあなただけではないと、起業家でCEOのマイク・キャノン=ブルックスは言います。このユーモアがあり共感できる講演で彼は、インポスター症候群が成功につながった経験を語り、どうすればそれをうまく生かせるかを示します。
人々に行動を改善させる一番の方法は何でしょう? このユーモアと知恵が詰まった講演では、心理学者のダン・アリエリーが、人がすべきでないと分かっていながらまずい決断をする理由を探り、(間違った理由であれ) 正しい行動を取るように仕向けるための仕掛けについてお話しします。
企業は顧客の選定をする際にターゲットを性別で絞りがちですが、これは時代遅れのステレオタイプを助長するだけでなく、ビジネスにも有害であると、マーケティングのエキスパート、ギャビー・バリオスは言います。性別に基づくマーケティングはなぜ我々が思うような成果をもたらさないのか、また、どうすれば企業は消費者に近づき、自社のブランドを成長させられるのか。明快で、かつ具体的に実践しやすい内容を交えたこのトークで、バリオスが解説します。
Comments 
Download from Google Play
Download from App Store