Discover行け!世界遺産と雑学の旅★第070回「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群:己の仕事の延長線上に描かれる世界の想像を」
第070回「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群:己の仕事の延長線上に描かれる世界の想像を」

第070回「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群:己の仕事の延長線上に描かれる世界の想像を」

Update: 2018-01-29
Share

Description


【お知らせ】


チャマスタンプ新発売!!


◆セカザツリスナーさんの憩いの場*チャマスポット開設!


☆チャイネクストVALUを始めました!


・オープニング

チャイの上半期ビジョン

ユッスーのアフリカ生活


・世界遺産のコーナー

ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群


文化遺産

登録基準 (6)

登録年 1979年

「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群」は、ガーナにある近世の要塞群の世界遺産登録物件。ガーナ(旧ゴールドコースト)の沿岸部には、イギリスやオランダをはじめとする西洋諸国がかつて建造した、西洋式の要塞群が多く現存する。世界遺産登録に当たっては、それら要塞群のうち、ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州に残る15世紀末から18世紀初頭に建造された11件が対象となった。ただし登録物件はセントラル州とウェスタン州にのみ点在している。なお、この物件は、日本では「ガーナのベナン湾沿いの城塞群(要塞群)」と意訳されることがある。

ガーナの沿岸部には、15世紀以降西洋人が貿易のための拠点を設置した。ベナン湾一帯は、かつてゴールドコースト(黄金海岸)と呼ばれたことからも明らかなように、もとは金の輸出で栄え、のちには奴隷貿易で栄えた。

貿易が盛んになり、拠点となる要塞(多くは商館を兼ねる)が次々建てられると、沿岸部は要塞群が点在する独特の景観を呈した。かつて60以上あった要塞群も現存するのは約3分の1であり、博物館や学校等の施設に転用されているものもある。

(wikipedia)


・エンディングとメール紹介のコーナー

レキオさん、くぇあさん、生卵さん、ハイホーさん、ありがとうございます!


Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

第070回「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群:己の仕事の延長線上に描かれる世界の想像を」

第070回「ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群:己の仕事の延長線上に描かれる世界の想像を」

旅々プロジェクト