Discover行け!世界遺産と雑学の旅★第073回 サフランボルの市街:クリスパー技術が開く衝撃の未来について
第073回 サフランボルの市街:クリスパー技術が開く衝撃の未来について

第073回 サフランボルの市街:クリスパー技術が開く衝撃の未来について

Update: 2018-08-25
Share

Description



・オープニング

ユッスー、ガーナ生活が長くなりそうです。

ユッスー、何らかのガーナ代表に。

元号の変更に思うこと。

ユッスーが衝撃を受けたゲーム「Detroit beyond human」


・世界遺産のコーナー

サフランボル市街

トルコ、文化遺産 登録年1994年

登録基準(2,4,5)


サフランボル(トルコ語: Safranbolu)はトルコにある街である。カラビュック県に属し、2000年現在の人口は、47,257人。黒海から100km離れた場所に位置し、トルコの首都アンカラからおよそ北200キロメートルに位置している。町の歴史は11世紀に遡ることが可能である。1994年、UNESCOの世界遺産に「サフランボル市街」の名で登録された。


歴史

サフランボルの名前の由来は、香料サフランの集積地として発展した歴史にある(ギリシア語名はサフラムポリス、Saframpolis, Σαφραμπολις)。サフランボルには、先史時代の遺跡及びローマ時代の墓や橋梁も現存しているが、歴史の表舞台に立ったのは、11世紀以降である。世界遺産に登録されているサフランボル旧市街は、乾燥した峡谷に位置しており、旧市街は、旧市街の約2km東に位置している。


サフランボル旧市街には、多くの古い建築物が保存されている。私立の博物館が1つ、25のモスク、5つの霊園、8つの歴史的な噴水、5つのトルコ式浴場、3つの隊商宿(キャラバンサライ)、1つの歴史的な時計等、1つの日時計及び数百に上るイスラーム建築によって建設された住居である。


13世紀には、交易の中心として発展を遂げた。サフランボルに現存する建築物群であるモスク、浴場、スレイマン・パシャのマドラサは、1322年に建設された。


サフランボルの栄華の頂点は、17世紀である。市場が現地の住居よりも優先されて拡張される一方で、60室のゲストルームがある宿屋、コプルル・モスク、イツレット・モスクといった建築物が17世紀から18世紀にかけて建設された。また、オスマン建築に基づいて、建設された住居が当時の姿のまま建設されたのもこの時期である。


しかし、鉄道の発展により、20世紀には、サフランボルは衰退の一途をたどることとなった。(wikipedia)


・ユッスーと行く!雑学のコーナー

CRISPR-CAS9の衝撃たるや!!


・エンディングとメール紹介のコーナー

ごんまろさん、なかたくさん、さとうさん、こたろうさん、いしくん、タコクラゲさん、まさかんさん、ヨウチャン&mihoさん、メールありがとうございます!!


ガーナ布をご希望の方は、メールの最後に、ガーナ布希望!と教えてくださいね☆彡


Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

第073回 サフランボルの市街:クリスパー技術が開く衝撃の未来について

第073回 サフランボルの市街:クリスパー技術が開く衝撃の未来について

旅々プロジェクト