1月13日 坂田道太(政治家)

1月13日 坂田道太(政治家)

Update: 2020-01-12
Share

Description

むしろ素人の方がよい



坂田 道太(さかた みちた、1916年7月18日 - 2004年1月13日)は、日本の政治家。

1960年代末の大学紛争の渦中に文部大臣となり、前代未聞の1969年の東大入試中止の決断を下した人物である。



混乱した現場の立直しのために、難しい役職、不案内な仕事をすることになったとき、大事なことは公平率直な目で、偏見を持たずに複雑骨折した問題にあたることである。それを坂田は「むしろ素人の方がよい」と表現したのであろう。専門家集団が苦しんでいるとき、細部からではなく、大づかみで実状を把握し、問題解決にあたっていくことも一つの道である。この坂田道太の考えに共感する。



【久恒啓一】

図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ



■Produced by KOELAB
Comments 
loading
In Channel
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

1月13日 坂田道太(政治家)

1月13日 坂田道太(政治家)

久恒啓一