Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜1月22日 常盤新平(作家、翻訳家、アメリカ文化研究者)
1月22日 常盤新平(作家、翻訳家、アメリカ文化研究者)

1月22日 常盤新平(作家、翻訳家、アメリカ文化研究者)

Update: 2020-01-20
Share

Description

臆病になるな、他人の目や陰口にとらわれず、自分のやりたいことに忠実になろう



常盤 新平(ときわ しんぺい、1931年(昭和6年)3月1日 - 2013年(平成25年)1月22日)は、日本の作家、翻訳家であり、アメリカ文化研究者である。



常盤新平の師匠は5歳年上の直木賞作家・山口瞳であった。サラリーマンの生態や心理をよく知った山口瞳の31年1614回続いた「週刊新潮」の連載『男性自身』を、たまたま読んだのがきっかけで出入りするようになった。山口瞳の13回忌を迎える頃書いた『国立の先生 山口瞳を読もう』には、国立に住む師匠の山口瞳への思いがつまっている。文庫本や全集に書いた解説をまとめたものである。

他人の目、他人の口、つまり世間を気にしずぎることをやめて、自分自身の為すべきことを為そう。



【久恒啓一】

図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ



■Produced by KOELAB
Comments 
loading
In Channel
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

1月22日 常盤新平(作家、翻訳家、アメリカ文化研究者)

1月22日 常盤新平(作家、翻訳家、アメリカ文化研究者)

久恒啓一