Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜1月23日 戸板康二(演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家)
1月23日 戸板康二(演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家)

1月23日 戸板康二(演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家)

Update: 2020-01-22
Share

Description

道にはトレーニングがつきもの。道とつく限り、鍛錬を抜きにしては考えられません



戸板 康二(といた やすじ、1915年12月14日 - 1993年1月23日)は日本の演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家。直木賞作家。



自分の分野を歩く。それは必ず「道」になる。道には「鍛錬」が必要だ。一千日が鍛であり。一万日が錬であると武蔵が五輪書の中で語っている。鍛えるのに3年、練るのに30年かかる。戸板康二は77年の生涯の50年をかけて172冊の著書を刊行している。その分野は評論・評伝、エッセイ、小説、戯曲、句集、対談、テレビドラマの原作など、実に広い。文人だった。詳しかった歌舞伎、演劇に限らず、人物論にも鍛錬でつくられた道がみえる。



【久恒啓一】

図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ



■Produced by KOELAB
Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

1月23日 戸板康二(演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家)

1月23日 戸板康二(演劇・歌舞伎評論家、推理作家、随筆家)

久恒啓一