Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜3月13日 川村勝巳(大日本インキ社長)
3月13日  川村勝巳(大日本インキ社長)

3月13日 川村勝巳(大日本インキ社長)

Update: 2020-03-12
Share

Description

会社の経営は、ある意味で不況の方がやりやすいこともある



川村勝巳(かわむら かつみ。1905−1999年)は、東京商大卒業後、三井物産に入社。その後退社し化成品の会社をつくる。大日本インキ(現DIC)社長。



不況はチャンスであると川村は言う。好況時は実力以上に業績があがり、組織は膨張し、社員は興奮し勝手な行動をとるようになる。不況は広がり弛んだ組織を引き締めるよい機会になる。減量し付加価値を高め、来たるべき時期に備えることができるのである。個人においても同様で、不遇の時は実力を蓄える時期と考えるべきなのだ。



【久恒啓一】

図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ



■Produced by KOELAB
Comments 
In Channel
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

Sleep Timer

Off

End of Episode

5 Minutes

10 Minutes

15 Minutes

30 Minutes

45 Minutes

60 Minutes

120 Minutes

3月13日  川村勝巳(大日本インキ社長)

3月13日 川村勝巳(大日本インキ社長)

久恒啓一