Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜5月7日 安宅英一(総合商社安宅産業の会長、芸術のパトロン)
5月7日 安宅英一(総合商社安宅産業の会長、芸術のパトロン)

5月7日 安宅英一(総合商社安宅産業の会長、芸術のパトロン)

Update: 2020-05-06
Share

Description

人でも、ものでも、結局のところは品ですね。品格が大切です



安宅 英一(あたか えいいち、1901年1月1日 - 1994年5月7日)はかつての総合商社安宅産業の会長で、同時に芸術のパトロンである。



もの自身をして語らしむことを念じていた安宅英一は文章をほとんど残さなかったが、言葉は残っている。「ものは、三顧の礼をもって迎えるべし」。「人にお辞儀しているわけではなく、その後ろにものが見えるのですよ。 ものに向かってはいくらお辞儀してもし過ぎることはありません」。冒頭に掲げた「人でも、ものでも、結局のところは品ですね。品格が大切です」という名言は、手触りの肌合いが心地よい品のある質感と、格の高いひびきの調子が大事なのだという考えだろう。ものは人である。



【久恒啓一】

図解Web、プログ、Facebook、note、メルマガ



■Produced by KOELAB
Comments 
00:00
00:00
x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

Sleep Timer

Off

End of Episode

5 Minutes

10 Minutes

15 Minutes

30 Minutes

45 Minutes

60 Minutes

120 Minutes

5月7日 安宅英一(総合商社安宅産業の会長、芸術のパトロン)

5月7日 安宅英一(総合商社安宅産業の会長、芸術のパトロン)

久恒啓一