Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜1月10日 高山樗牛(文芸評論家、思想家)
1月10日 高山樗牛(文芸評論家、思想家)

1月10日 高山樗牛(文芸評論家、思想家)

Update: 2019-01-10
Share

Description

己の立てるところを深く掘れ、そこには必ず泉あらむ


高山 樗牛(たかやま ちょぎゅう、 明治4年1月10日(1871年2月28日) – 明治35年(1902年)12月24日)は明治時代の日本の文芸評論家、思想家。東京大学講師。文学博士。明治30年代の言論を先導した。31歳で夭折。


狷介でなかなかの難物だった高山樗牛だが、冒頭の言葉には惹かれる。己の立っている場所しか掘ることはできない。そこを深く、深く掘り進める。地下水に到達すると、その水はあらゆる分野につながっていることを発見する。それがわかるか、わからないかが勝負なのだ。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

1月10日 高山樗牛(文芸評論家、思想家)

1月10日 高山樗牛(文芸評論家、思想家)

久恒啓一