Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜1月21日 永田雅一(実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主)
1月21日 永田雅一(実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主)

1月21日 永田雅一(実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主)

Update: 2019-01-21
Share

Description

喜怒哀楽をもって人を楽しませるというのは素晴らしいことだと考えます


永田 雅一(ながた まさいち、1906年1月21日 – 1985年10月24日)は、日本の実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主。昭和初期から後期(1930年代後半 – 1980年代前半)にかけて活動していた。大言壮語な語り口から、「永田ラッパ」の愛称でも知られていた。


永田雅一の映画観は、社会主義にかぶれ家を追放されて日活に入った時の冒頭の言葉に表れている。「喜怒哀楽」は中庸の第一章に出てくる人間の感情を表現する言葉であるが、中国では他に怨みも加わる。また愛憎という感情もある。そういった人間の持つ感情を生き生きと表現する映画の道に入った永田雅一の波瀾万丈の人生も喜怒哀楽に満ちていた。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

1月21日 永田雅一(実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主)

1月21日 永田雅一(実業家、映画プロデューサー、プロ野球オーナー、馬主)

久恒啓一