10月12日 馬越恭平(実業家)

10月12日 馬越恭平(実業家)

Update: 2019-10-12
Share

Description

元気、勇気、長生き、腹のおちつき


馬越 恭平(まこし きょうへい、天保15年10月12日(1844年11月21日) – 昭和8年(1933年)4月20日)は、日本の実業家。三井物産に勤務し、大日本麦酒(日本麦酒、朝日麦酒、札幌麦酒の合併会社)の社長を務めた人物。大日本麦酒の大合同合併を画策し、「日本のビール王」とよばれた。


馬越のモットーは、四つあった。信仰心を養うこと。平常、心を若くし、老成を気取らず、愉快に活動すべし。心配すべし、心痛すべからず。四気(元気、勇気、長生き、腹のおちつき)が原点である。この四気を心掛けて、取り組む事業をことごとく成功させた豪快な人生だった。元気、勇気、長生きはわかるが、「腹のおちつき」とは何か。フラフラせずに、腹を据えて、目前の課題に邁進する気概のことではないだろうか。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

10月12日 馬越恭平(実業家)

10月12日 馬越恭平(実業家)

久恒啓一