10月16日 野間清治(実業家)

10月16日 野間清治(実業家)

Update: 2019-10-15
Share

Description

面白くて為(ため)になる


野間 清治(のま せいじ、1878年12月17日 – 1938年10月16日)は、講談社創業者であり、元報知新聞社社長。「雑誌王」とよばれ、昭和時代前期の出版界を牽引した。


野間の出版の理念は「面白くて為になる」だった。「面白いということの後に、知らずしらずにためになるということがついて来る。面白いという顔つきでためになるという荷を背負って居るような、材料を 蒐集しなければならない」がその真意であった。つまり学校教育を補おうとしたのである。野間にとって出版事業は教育事業だったのだ。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

10月16日 野間清治(実業家)

10月16日 野間清治(実業家)

久恒啓一