11月17日 浜田広介(童話作家)

11月17日 浜田広介(童話作家)

Update: 2018-11-16
Share

Description

童話50年 立ち止まり 振り返り またも行く 一筋の道だった


浜田 広介(はまだ ひろすけ、旧字体:濱田 廣介、1893年(明治26年)5月25日 – 1973年(昭和48年)11月17日)は、日本の童話作家。本名は廣助。日本児童文芸家協会初代理事長。代表作に「泣いた赤鬼」「椋鳥の夢」「竜の目の涙」などがある。坪田譲治、小川未明とともに児童文学界の三種の神器と呼ばれた。


ヤンキースの松井秀喜選手がニューヨークで日本の3歳から14歳までの子どもたちに童話を読んで聞かせたというニュースがあったが、この童話とはひろすけの「泣いた赤鬼」だった。

子どもに夢を与える童話という道を50年以上歩み続けた浜田広介の人生は尊い。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

11月17日 浜田広介(童話作家)

11月17日 浜田広介(童話作家)

久恒啓一