Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜11月5日 大村益次郎(医師、西洋学者、兵学者)
11月5日 大村益次郎(医師、西洋学者、兵学者)

11月5日 大村益次郎(医師、西洋学者、兵学者)

Update: 2018-11-04
Share

Description

常識を発達させよ。見聞を広くしなければならぬ。小さな考えでは世に立てぬ


大村 益次郎(おおむら ますじろう、文政8年5月3日(1824年5月30日) – 明治2年11月5日(1869年12月7日)は、幕末期の長州藩の医師、西洋学者、兵学者である。維新の十傑の一人に数えられる。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。


さて、この勉強家は、激動の時代の世の中で立つには、古い考えを捨てて当たり前のことを知り、見たり聞いたりする世界を広くせよと語っている。凝り固まった小さな考えを捨てよ。広い世界をよく見て、大きく進路をとれ。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

11月5日 大村益次郎(医師、西洋学者、兵学者)

11月5日 大村益次郎(医師、西洋学者、兵学者)

久恒啓一