12月11日 長岡半太郎(物理学者)

12月11日 長岡半太郎(物理学者)

Update: 2018-12-10
Share

Description

『何々になろう』とする者は多いが、『何々をしよう』とする者は少ない


長岡 半太郎(ながおか はんたろう、1865年8月19日(慶応元年6月28日) – 1950年(昭和25年)12月11日)は、日本の物理学者。17歳で東大理学部理学科に入学。31歳で帝国大学理学大学教授になり、定年退官した後には、大阪帝国大学初代総長、貴族院議員、第一回文化勲章受章、帝国学士院長などの顕職を歴任。


社長になろう、総理大臣になろう、ノーベル賞受章者になろう、、、。結果としての地位や名誉を目指そうとする人は多いが、大事なことは何をするのかという志である。目的があり、結果がある。長岡半太郎の冒頭の言葉は、それを指摘している。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

12月11日 長岡半太郎(物理学者)

12月11日 長岡半太郎(物理学者)

久恒啓一