Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜2月10日 松浦武四郎(探検家、浮世絵師、好古家)
2月10日 松浦武四郎(探検家、浮世絵師、好古家)

2月10日 松浦武四郎(探検家、浮世絵師、好古家)

Update: 2019-02-09
Share

Description

我死なば焼くな埋めな新小田に捨てて秋のみのりをば見よ


松浦 武四郎(まつうら たけしろう、文化15年2月6日(1818年3月12日) – 明治21年(1888年)2月10日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家、浮世絵師、好古家。


日本中をくまなく歩いた末が、一畳の書斎での生活であり、たいそうな葬儀はせずに田んぼの脇に捨ててくれ、秋の実りを自分と思え、というのが最後の心境だったのは興味深い。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

2月10日 松浦武四郎(探検家、浮世絵師、好古家)

2月10日 松浦武四郎(探検家、浮世絵師、好古家)

久恒啓一