Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜2月10日 田河水泡(漫画家、落語作家)
2月10日 田河水泡(漫画家、落語作家)

2月10日 田河水泡(漫画家、落語作家)

Update: 2019-02-10
Share

Description

見栄をはらずに、自分には自分なりの力があることを自覚しましょう。それが真理なのです


田河 水泡(たがわ すいほう、1899年(明治32年)2月10日 – 1989年(平成元年)12月12日)は、日本の漫画家、落語作家。昭和初期の子供漫画を代表する漫画家であり、代表作『のらくろ』ではキャラクター人気が大人社会にも波及し、鉛筆、弁当箱、帽子、靴などさまざまなキャラクターグッズが作られるなど社会現象となるほどの人気を獲得した。手塚治虫に始まるストーリー漫画の先駆者である。


自分の身の丈にしっくり合った主人公「のらくろ」を創りだしたから、50年続いた超長寿作品になったのだろう。見栄をはらずに、自分なりの仕事をした。その結果、オタマジャクシが蛙になったのである。見事な人生というべきだろう。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

2月10日 田河水泡(漫画家、落語作家)

2月10日 田河水泡(漫画家、落語作家)

久恒啓一