Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜2月13日 河合栄治郎(社会思想家、経済学者)
2月13日 河合栄治郎(社会思想家、経済学者)

2月13日 河合栄治郎(社会思想家、経済学者)

Update: 2019-02-13
Share

Description

職業にあるものは多かれ少なかれ、分業の害悪をなめねばならない。彼は一生を通じて細かに切り刻まれた仕事に没頭して、一部分としてしか成長し得ない危険に瀕する


河合 栄治郎(かわい えいじろう、1891年2月13日 – 1944年2月15日)は、日本の社会思想家、経済学者。第二次世界大戦前夜における、著名な自由主義知識人の一人。


理想主義者、人格主義者、教養主義者にして自由主義者であった河合は戦後忘れられたが、その河合は分業による職業生活の危険性を語っている。分業とは専門化のことである。全体的視野の喪失を指摘している。現代社会での分業化は避けられないが、専門を持った上で、全体観を常に意識することが重要であろう。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

2月13日 河合栄治郎(社会思想家、経済学者)

2月13日 河合栄治郎(社会思想家、経済学者)

久恒啓一