Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜2月19日 コペルニクス(天文学者、カトリック司祭)
2月19日 コペルニクス(天文学者、カトリック司祭)

2月19日 コペルニクス(天文学者、カトリック司祭)

Update: 2019-02-19
Share

Description

太陽は宇宙の中心であって不動であり、太陽の運動と見えるものは全て実は地球の運動である


ニコラウス・コペルニクス(ラテン語名: Nicolaus Copernicus、ポーランド語名: ミコワイ・コペルニク Mikołaj Kopernik、1473年2月19日 – 1543年5月24日)は、ポーランド出身の天文学者、カトリック司祭である。当時主流だった地球中心説(天動説)を覆す太陽中心説(地動説)を唱えた。これは天文学史上最も重要な発見とされる。


今となっては、「太陽は宇宙の中心であって不動であり」は間違いであった。しかし地動説は常識となった。後にカントが対象の認識は主観の構成によって初めて可能だとする自らの哲学を天動説から地動説への転回にたとえコペルニクス的転回と呼んだ。40歳前に地動説を確信し、70歳で亡くなるまでその説を深化させ大部の書物にまとめあげる。そして死と同時に、衝撃の書を発表するコペルニクスの人生戦略にも驚かされる。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

2月19日 コペルニクス(天文学者、カトリック司祭)

2月19日 コペルニクス(天文学者、カトリック司祭)

久恒啓一