Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜3月14日 島津斉彬(大名、薩摩藩藩主)
3月14日 島津斉彬(大名、薩摩藩藩主)

3月14日 島津斉彬(大名、薩摩藩藩主)

Update: 2019-03-14
Share

Description

西洋人も人なり、佐賀人も人なり、薩摩人も人なり、くじけずに研究せよ


島津斉彬(しまづ なりあきら、文化6年3月14日(1809年4月28日)〜安政5年7月16日(1858年8月24日))は、江戸時代後期から幕末の外様大名で、薩摩藩の第11代藩主。

西洋事情に明るく進取の気性に富み、大規模な藩政改革を実施。集成館を興し、反射炉、ガラス工場、洋式紡績所などを設置。西洋式軍艦・昇平丸を幕府に献上した。将軍後継問題では一橋派に属し、井伊直弼と対立。享年50歳。


この言葉は薩摩藩が反射炉建設にあたって言ったとされる言葉である。人ができたことは、自分たちにできないはずはない。こういって部下を激励し、そこで培った勢力が明治維新を断行した。「君主は愛憎で人を判断してはならない」とも言ったのだが、そのため薩摩藩は多くの人材を維新と明治時代に供給できたのである。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

3月14日 島津斉彬(大名、薩摩藩藩主)

3月14日 島津斉彬(大名、薩摩藩藩主)

久恒啓一