Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜3月17日 三木武夫(政治家、第66代内閣総理大臣)
3月17日 三木武夫(政治家、第66代内閣総理大臣)

3月17日 三木武夫(政治家、第66代内閣総理大臣)

Update: 2019-03-17
Share

Description

信なくば立たず


三木 武夫(みき たけお、1907年(明治40年)3月17日 – 1988年(昭和63年)11月14日)は、徳島県出身の日本の政治家である。内閣総理大臣(第66代)などを歴任。衆議院議員当選19回、在職51年。


「信なくば立たず」。国の存立のためには軍備、経済、信頼が必要だ。やむを得ない場合は軍備を捨て、次に経済を捨てよと孔子は『論語』で語っている。そして、「民、信なくんば立たず」と結んでいる。周囲からの信頼がなければ、目的成就はできない。私は今まで、リーダーとして決起するには、周囲の支持がなければならない、信がなければ立つべきではない、と理解してきた。本来の意味とは違うかも知れないが、そういう意味でこの三木武夫の言葉を理解したい。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

3月17日 三木武夫(政治家、第66代内閣総理大臣)

3月17日 三木武夫(政治家、第66代内閣総理大臣)

久恒啓一