4月14日 トインビー(歴史学者)

4月14日 トインビー(歴史学者)

Update: 2019-04-14
Share

Description

国家の衰亡につながる一番厄介な要因は、自分で自分の事を決めることができなくなったときだ


アーノルド・トインビー(1889年4月14日—1975年10月22日)は、イギリスの歴史学者。主著は『歴史の研究』全25巻、『試練に立つ文明』。


やはり、偉大な歴史学者トインビーの文明、国家、社会に関する叡智にあふれた洞察は響く。挫折の原因は外部環境ではない。内部の不和と分裂なのだ。「自分で自分の事を決めることができない」ときに、人間集団で構成される組織は衰亡する。その極点が国家であり、そして国家群が織りなす文明である。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

4月14日 トインビー(歴史学者)

4月14日 トインビー(歴史学者)

久恒啓一