4月18日 中山みき(宗教家、天理教教祖)

4月18日 中山みき(宗教家、天理教教祖)

Update: 2019-04-18
Share

Description

難儀は節だ、節から芽がでる


中山 みき(なかやま みき、寛政10年4月18日(1798年6月2日) – 明治20年(1887年)2月18日)は、日本の宗教家、天理教教祖。


木は節(ふし)から芽が出て花が咲く。人生の諸処であらわれる困難や挫折などを「節」と捉えよう。そこから花を咲かせよう。いわゆる節目だ。苦労は人を鍛えてくれる。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

4月18日 中山みき(宗教家、天理教教祖)

4月18日 中山みき(宗教家、天理教教祖)

久恒啓一