5月17日 安井曾太郎(洋画家)

5月17日 安井曾太郎(洋画家)

Update: 2019-05-17
Share

Description

人ならば、話し、動き、生活する人を描きたい。その人の性格、場合によっては職業までも充分あらわしたい


安井 曾太郎(やすい そうたろう、1888年5月17日 – 1955年12月14日)は、大正~昭和期の洋画家。昭和を代表する画家。文化勲章受章者。


肖像彫刻を世界で一番多くつくった朝倉文夫もそうだが、安井は対象の人生と職業までも描こうとした。そのためには、人物の研究が必要だ。安井の肖像画に名作が多いのはそういう努力のたまものだろう。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

5月17日 安井曾太郎(洋画家)

5月17日 安井曾太郎(洋画家)

久恒啓一