Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜5月20日 ジョン・スチュワート・ミル(哲学者、政治哲学者、経済思想家)
5月20日 ジョン・スチュワート・ミル(哲学者、政治哲学者、経済思想家)

5月20日 ジョン・スチュワート・ミル(哲学者、政治哲学者、経済思想家)

Update: 2019-05-20
Share

Description

自己教育の真の方法は、すべてのことを疑ってみることである


ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill、1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者である。政治哲学者、経済思想家でもあり、政治哲学においては自由主義・リバタリアニズムのみならず社会民主主義の思潮にも多大な影響を与えた。


ミルの「満足した豚であるより、不満足な人間であるほうがよい。満足した馬鹿であるより、不満足なソクラテスであるほうがよい」を下敷きに東大の大河内一男総長は「太った豚になるよりは、痩せたソクラテスになれ」と卒業生にはなむけの言葉を贈って話題になった。ミルの影響力は大きい。67歳のミルの臨終の言葉は「私は仕事をなし終えたね」だった。大学者の満ち足りた人生を物語る言葉と考えられている。ミルは幼児から天才教育を受けていたのだが、ミルはそういった知識全てを疑いながら自己を徹底的に教育していったのだ。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

5月20日 ジョン・スチュワート・ミル(哲学者、政治哲学者、経済思想家)

5月20日 ジョン・スチュワート・ミル(哲学者、政治哲学者、経済思想家)

久恒啓一