6月19日 太宰治(小説家)

6月19日 太宰治(小説家)

Update: 2019-06-19
Share

Description

きょう一日を、よろこび、務め、人には優しくして暮らしたい


太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 – 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。


生きにくい太宰の作品に書かれている、人間の弱さ、悩みは、執筆当時よりもさらに生きにくい世の中になっている今の時代に若い読者の共感を呼ぶだろう。「生きるという事は、たいへんな事だ。あちこちから鎖がからまっていて、すこしでも動くと、血が噴き出す」という太宰は優しい人だった。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

6月19日 太宰治(小説家)

6月19日 太宰治(小説家)

久恒啓一