Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜7月16日 クーデンホーフ=カレルギー光子(カレルギー伯爵の母)
7月16日 クーデンホーフ=カレルギー光子(カレルギー伯爵の母)

7月16日 クーデンホーフ=カレルギー光子(カレルギー伯爵の母)

Update: 2019-07-16
Share

Description

私が死んだら日本の国旗に包んでちょうだい


クーデンホーフ=カレルギー光子(Mitsuko Coudenhove-Kalergi, 1874年7月16日 – 1941年8月27日)、旧名:青山 みつ(あおやま みつ)は、オーストリア=ハンガリー帝国の貴族ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の妻で、パン・ヨーロッパ運動によりEUの礎を築いたリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の母。


晩年には「年老ひて 髪は真白くなりつれど 今なほ思ふ なつかしのふるさと」と詠んでいる。生涯一度も帰国することのなかった光子は、日本人としての誇りをいつも携えていて、遺骸を日の丸に包んで欲しいといつも語っていたそうだ。今日のEUの母が日本人女性であることを誇りにしたい。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

7月16日 クーデンホーフ=カレルギー光子(カレルギー伯爵の母)

7月16日 クーデンホーフ=カレルギー光子(カレルギー伯爵の母)

久恒啓一