7月20日 岩倉具視(公家、政治家)

7月20日 岩倉具視(公家、政治家)

Update: 2019-07-19
Share

Description

時日と忍耐とは扶桑をして絨毯に変ぜしむ


岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日(1825年10月26日) – 明治16年(1883年)7月20日)は、日本の公家、政治家。


5年余の幽棲をじっと耐えてその後に大輪の花を咲かせる岩倉は、冒頭の言葉を吐いている。長い年月の忍耐は、人間を大きく飛躍させるということを、自身の強烈な体験から一般化したのだ。その岩倉が言うから説得力がある。不遇の時期をどう過ごすか、それが問題だ。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

7月20日 岩倉具視(公家、政治家)

7月20日 岩倉具視(公家、政治家)

久恒啓一