8月13日 横井小楠(武士、儒学者)

8月13日 横井小楠(武士、儒学者)

Update: 2019-08-13
Share

Description

人必死の地に入れば、心必ず決す


横井 小楠(よこい しょうなん。文化6年8月13日(1809年9月22日)- 明治2年1月5日(1869年2月15日))は、日本の武士(熊本藩士)、儒学者。


選択の余地があると人は迷う。得失を頭で考えて結論が出ない。この道しかない、とハラをくくると迷いは消える。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

8月13日 横井小楠(武士、儒学者)

8月13日 横井小楠(武士、儒学者)

久恒啓一