8月18日 伊藤左千夫(歌人、小説家)

8月18日 伊藤左千夫(歌人、小説家)

Update: 2019-08-18
Share

Description

吾々が時代の人間になるのではない、吾々即時代なのだ。吾々以外に時代などと云うものがあって堪るものか。吾々の精神、吾々の趣味、それが即時代の精神、時代の趣味だよ


伊藤 左千夫(いとう さちお、元治元年8月18日(1864年9月18日) – 大正2年(1913年)7月30日)は日本の歌人、小説家。


冒頭に掲げた言葉のように、吾々自身が時代であると確信し高らかに宣言し、一つの時代を牽引した伊藤左千夫は、確かに短歌革新において正岡子規から斎藤茂吉・土屋文明を繋ぐ時代の役割を十分に果たした。しかし、晩年はその時代の流れに乗り遅れるのである。時代の流れに上手に棹さすことはことは難事である。伊藤左千夫が50歳の若さで没したのはむしろ幸いだったかもしれない。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

8月18日 伊藤左千夫(歌人、小説家)

8月18日 伊藤左千夫(歌人、小説家)

久恒啓一