Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜9月11日 神吉拓郎(小説家、俳人、随筆家)
9月11日 神吉拓郎(小説家、俳人、随筆家)

9月11日 神吉拓郎(小説家、俳人、随筆家)

Update: 2019-09-11
Share

Description

怒れば怒るほど、それが自分に向かってはね返って来て、無数の破片のように自分を傷つける


神吉 拓郎(かんき たくろう、1928年(昭和3年)9月11日 – 1994年(平成6年)6月28日)は、日本の小説家、俳人、随筆家。『私生活』で直木賞受賞。


さて、「怒り」である。神吉卓郎の冒頭の言葉を読むと、懐かしい優しい顔が浮かんでくる。その顔は、このような理解の上に成り立っていたことが、わかった。『友あり駄句あり三十年』も読んで、もう一度会い直したい。


【お知らせ】

ビジネスパーソンのための音声講座『ビジネスに活かす偉人の名言』はこちらから!

https://meigen.koelab.net/


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ

Comments 
loading
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

9月11日 神吉拓郎(小説家、俳人、随筆家)

9月11日 神吉拓郎(小説家、俳人、随筆家)

久恒啓一