Discover偉人の名言366命日編〜人生が豊かになる一日一言〜9月13日 布施辰治(弁護士、社会運動家)
9月13日 布施辰治(弁護士、社会運動家)

9月13日 布施辰治(弁護士、社会運動家)

Update: 2018-09-12
Share

Description

生きんべくんば民衆とともに、死すべくんば民衆のために 世の中に一人だって見殺しにされていい人類はいないのだ


布施 辰治(ふせ たつじ、1880年(明治13年)11月13日 – 1953年(昭和28年)9月13日)は、宮城県出身の弁護士・社会運動家である。日本人として唯一の大韓民国建国勲章受章者として知られる。


高校2年生のとき、岩波新書の「ある弁護士の生涯」(岩波新書)という本を読んで、布施辰治という人物の生き方に感動した。私はこの時点で進路に決断を下した。法学部に行って弁護士になろうと決心したのである。このときの姿を母は「朝の厨に貧しき人のため弁護士になると吾子は告げに来」と短歌に詠んでくれている。私はその後法学部に進む。しかし、結果的には弁護士にはなれなかったが、この人物と書物が人生の進路に影響を与えたことは間違いない。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

9月13日 布施辰治(弁護士、社会運動家)

9月13日 布施辰治(弁護士、社会運動家)

久恒啓一