9月20日 鈴木梅太郎(農芸化学者)

9月20日 鈴木梅太郎(農芸化学者)

Update: 2018-09-19
Share

Description

放っておいても一人前にやってゆく連中は心配しないが、そうでない教え子ほど可愛い、、


鈴木 梅太郎(すずき うめたろう、1874年4月7日 – 1943年9月20日)は、戦前の日本の農芸化学者。米糠を脚気の予防に使えることを発見した事で有名。勲等は勲一等瑞宝章。東京帝国大学名誉教授、理化学研究所設立者。帝国学士院会員。文化勲章受章者。享年69。


半年遅れの9月卒業式のときに、こういった鈴木梅太郎の言葉を引用して挨拶することがある。確かに、心配するということはかわいく思うことでもある。


【お知らせ】

この番組のもとになった書籍『偉人の命日366名言集―人生が豊かになる一日一言』をポッドキャストリスナーへ特別価格で販売いたします。

久恒啓一オンライン書店』(https://hisatune.official.ec/items/9322532)にアクセスして、クーポンコード入力欄に『MEIGEN』と入力いただくと500円引きでご購入いただけます。


【久恒啓一】

図解WebプログFacebooknoteメルマガ


■Produced by KOELAB

Comments 
loading
In Channel
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
1.0x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

9月20日 鈴木梅太郎(農芸化学者)

9月20日 鈴木梅太郎(農芸化学者)

久恒啓一