DiscoverTAKRAM RADIOVol.129 食器と肥料がテーブルで出会う〜思想を体現するプロダクト
Vol.129 食器と肥料がテーブルで出会う〜思想を体現するプロダクト

Vol.129 食器と肥料がテーブルで出会う〜思想を体現するプロダクト

Update: 2022-05-05
Share

Description

Takramメンバーからプロダクトデザイナー/サービスデザイナ―の村越淳さんとインダストリアルデザイナー/サービスデザイナーの岩松直明さんを迎えて『食器と肥料がテーブルで出会う〜思想を体現するプロダクト』をテーマにトークセッションを行います。

<目次>
00:35  Takramメンバーの紹介 
05:20  リサイクル肥料から作られる「Table Planter」 
11:19  プロジェクトの経緯とTakramの関わり方 
14:12  岩松さんの作品 
17:50  村越さんの作品 
22:27  食器と肥料がテーブルで出会う 
25:10  プロダクトデザインのこだわり 
32:32  絶妙なバランスで成り立つプロダクトの面白さ 
35:41  新品と中古が共存する素材 
39:10  植物好きな2人が注いだ個人的な情熱 
45:13  リスナーへの「問い」


<ゲストプロフィール>
村越 淳(ムラコシ・ジュン)
プロダクトデザイナー/サービスデザイナー。
千葉大学大学院デザイン科学専攻修了、Royal College of Art(MA Design Products)修了。2008年からTakramやイノベーション・コンサルティングファームにて主に新規事業・製品・サービス開発、未来シナリオ・ビジョン策定に携わる。これまで千葉大学特任助教、東京大学特任研究員(i.school プログラム・マネージャー)として教育研究活動にも従事。Jun Murakoshi Design 代表・プロダクトデザイナーとしても国内外で活動しており、作品はニュルンベルク新美術館、上海ガラス美術館に収蔵されている。Interiorlifestyle Young Designer Award、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品の他、2017年にはアジア人として3人目のHublot Design Prizeファイナリストに選出されるなど、受賞・展示多数。2020年よりあらためてTakramに参加。華号は露享。

岩松 直明(イワマツ・ナオアキ)
インダストリアルデザイナー/サービスデザイナー。
モノづくりを軸にした新規事業やサービス開発を得意とするデザイナー。京都工芸繊維大学大学院デザイン経営工学専攻修了。プロダクトデザインを中核にサービス・ブランド開発を学んだのち、大手情報機器メーカーに入社。新規事業の戦略立案やビジョンデザインから、量産製品デザインやサービスデザインまで幅広く手掛ける。デザインユニットakiiとしても活動し、手掛けた製品はVitraをはじめとするミュージアムショップでも販売される実績を持つ。2020年よりTakramに参加。James Dyson Award 2011国内最優秀賞、iF Design Award、German design Awardなど受賞歴多数。
Comments 
In Channel
loading
Download from Google Play
Download from App Store
00:00
00:00
x

0.5x

0.8x

1.0x

1.25x

1.5x

2.0x

3.0x

Sleep Timer

Off

End of Episode

5 Minutes

10 Minutes

15 Minutes

30 Minutes

45 Minutes

60 Minutes

120 Minutes

Vol.129 食器と肥料がテーブルで出会う〜思想を体現するプロダクト

Vol.129 食器と肥料がテーブルで出会う〜思想を体現するプロダクト

SPINEAR