Discover経営者の志
経営者の志
Claim Ownership

経営者の志

Author: 株式会社こえラボ

Subscribed: 18Played: 469
Share

Description

経営者は志を持って、経営しています。

経営者の志を聴けば、目指している姿がわかります。



社会に対して、どのような貢献を志しているのか経営者にうかがっていきます。



https://spirit.koelab.net/
77 Episodes
Reverse
072.藤原孝志さん(ヒューマンコンシェルジュ)
【信念を持ってやり抜く】「失われた25年」により、皆自信喪失気味になって成長が鈍化しています。かつての国力を取り戻すためにはベンチャー企業から活性化したいという想いで事業をされている様子がすごく伝わりました。ベンチャー企業は1.お金がない2.人がいない3.売るところがないこのような悩みを抱えているものです。まずは普段の積み重ね、継続が大切そして、最後まで諦めず、やり抜くことが大切とのこと。人のつながりを重視して、親切、丁寧、スピーディーに、そして感動する対応をすることをモットーに活動されていらっしゃるとことでした。人生としてのスタンスは1.忙中閑有2.すべてを楽しむ3.生涯現役、臨終定年楽しんで目標を持って生きていくことが元気が出る源だというのが印象的でした。そして59歳から始められたジャズピアノですが、毎月第三月曜日にジャズセッションをされているとのことです。ぜひ、藤原さんの演奏も聴いてみてください。【今回のゲスト】ヒューマンコンシェルジュ 藤原孝志(ふじわら・たかし)さんジャズセッション (会場:All in Fun)http://allinfun.jp/index.php毎月第3木曜日18:00 Open 19:00 Startポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボhttps://koelab.co.jp/
071.‹丸山鐵太郎さん (株式会社アセットメディエーション)
【オーダーメイドの提案で、お客様の成功を支える】一般市民の我々は、不動産業売買する機会は一生のうちでもそれほど多くはないと思います。しかも、金額が大きいため、安心した売買をしたいですよね。宅建マイスターは実務経験やマンション・一戸建て・1棟売りなどさまざまな経験がなければ取得できない、宅建士の最高位の資格だとわかりました。そして、丸山さんはお客様の希望をお聞きして、さまざまなケースを想定して、お客様にとって一番良い方法を選択されているとのことでした。「オーダーメイドの提案で、お客様の成功を支える」お客様のことを第一に考えているからこそ、いつでも問い合わせに対応できるようにしているとのことでした。長年の経験と実績、そしてお客様への対応があるからこそ、どんどん口コミが広がり多くの方からご紹介されているんだとわかりました。不動産に関して、丸山さんにご相談してみたいという方は、ぜひホームページからお問い合わせしてみてください。【今回のゲスト】株式会社アセットメディエーション 丸山鐵太郎(まるやま・てつたろう)さんhttp://www.asset-mediation.com/ポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボhttps://koelab.co.jp/
070.‹久恒啓一さん (多摩大学)
【偉人とは、影響力の大きい人】人生をどのように歩んでいらっしゃるでしょうか?今回ご紹介する多摩大学の久恒啓一先生はもともとビジネスマンでした。ビジネス経験と知的生産研究会を両立し、書籍を出版され、大学で教えられることとなり、人生を探検されているという言葉が印象的でした。そして、人物記念館も多数回られて、毎日ブログで偉人についてご紹介されています。その記事を元に、書籍を出版されたり、こえラボからもポッドキャストとして『偉人の名言』を毎日発信されています。「偉人とは、影響力の大きい人」そのように定義づけられ、多くの偉人について調べて、偉人が絞り出した名言を伝え、その奥にある人生観を伝えられています。そこから発展した『ビジネスに活かす偉人の名言』という音声講座も開始となりました。戦後の焼け野原の状態から、さまざまな志を持った企業が立ち上がりました。まさに、そんな厳しい時代から多くのことが学ぶことができます。そして、今は失われた25年とも言われ、戦後と同じような時代とも言えるかもしれません。ぜひ、偉人の名言をビジネスに生かしていただければと思います。2週間無料キャンペーンも実施していますので、まずは2週間分聴いてみてはいかがでしょう。詳細は説明文にあるURLからチェックしてみてください。【今回のゲスト】多摩大学 久恒啓一(ひさつね・けいいち)さん『ビジネスに活かす偉人の名言』https://meigen.koelab.net/ポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボhttps://koelab.co.jp/
068.チャレンジしたいと思える環境を作る
チャレンジしてみたいと思っても、どのようにチャレンジすればいいのか困ってしまうことはありませんか?根本さんはもともとテニスをされていた経験や、プロスポーツ選手を目指している方とお会いする機会が多くあったようです。だからこそ、素晴らしい優秀な選手でもスポーツだけで生活することは難しい現状を目の当たりにして、なんとかしたいという想いが強くなったそうです。そして、好きなことを仕事に活かしたり、やってみたいことをチャレンでしてもらいたいという想いから教育プラットフォームを立ち上げるとこになったようです。確かに、すでにチャレンジしている先輩たちの姿をみれば、このような選択肢もあるのかという新しい道も開けてくると感じました。「チャレンジしたいと思える環境を作る」まずはご自身が体現者として行動して、これから幅広い世代の方にチャレンジしてもらえるコンテンツを提供したいとのことでした。また、教育プラットフォームが完成した頃にお話を伺ってみたいと思います。【今回のゲスト】教育プラットフォーム 根本雄輝(ねもと・ゆうき)さんhttps://www.facebook.com/yuki.nemoto.906ポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボhttps://koelab.co.jp/
067.理想を追求しない
あなたは、ビジネスを開始するにあたって最悪のケースを想定して準備を進めているでしょうか。小山さんはサラリーマンを30年間勤めあげて早期退職し、第2の人生としてイタリアンレストラン経営を開始されたそうです。飲食店は大変なことも多いそうですが、お客様と触れ合うなどとても楽しんでいらっしゃる様子がわかりました。その中でも、長くお店を続けるために、「理想を追求しない」という経営をされているというのが印象的でした。やはり、最高の厨房設備で、最高の内装でお客様をお迎えしたいという想いはどうしてもあると思います。しかし、ビジネスとしてどうやって採算をとるかということはしっかりと考えてスタートすることが大切とのことでした。最悪のケースも想定して、最悪のケースの場合でも最低3年は続けられるように準備しておくことが大切だとおっしゃっていました。多くのお店が短い期間で閉店してしまう中、先を見据えた経営はどんな業種にも参考になるお話だと感じました。まずは一度食事をしに来て、味と雰囲気を味わっていただければと思います。また、ディナー付きセミナーや演奏会などをやってみたい方はお問い合わせください。【今回のゲスト】PICCOLA MONTAGNA 小山浩久(こやま・ひろひさ)さんhttps://piccola-montagna.owst.jp/ポッドキャスト・コンシェルジュ こえラボhttps://koelab.co.jp/
loading
Comments 
loading
Download from Google Play
Download from App Store